2019年 オーディオ情報屋が選ぶコンポおすすめベスト3

  (1) ソニー HDDプレーヤーシステム HAP-S1
大容量のハイレゾ音源を詰め込んで気軽に再生できる アンプが高音質

  (2) ティアック Reference101 HR-S101-SW
低価格でハイレゾサウンドを堪能できる 高性能なPCオーディオの傑作

  (3) チボリオーディオ Music System BT
アコースティックサウンドがピッタリ ハイグレードな個性的一体型コンポ




『あなたにおすすめの記事』ピックアップ

iPodなどのデジタルプレーヤーから、本格的にオーディオを始めたいあなた、いざコンポを買うにもどんなタイプがあるのか、価格はどれくらいするのか迷うかも知れませんね。それならば、まずコンポのタイプを知って、自分に相応しい商品を見つけると良いです。大きく分け、3タイプがあることを知って下さい。

【オーディオコンポ】評判:音質と価格で選べば、単品コンポかミニコンポか一体型か?

『レコードプレーヤーの音が出ない!?』意外と知らないレコードプレーヤーの使い方

 

近頃のオーディオ音源の主流は、
ネットワークからのデジタル音源に移って来ました。

以前ですと、レコードからCDに代わり、
デジタル時代が幕開けしたのですが、
今はデータを切り売りしてそれを再生するんですね。

 

CDさえも駆逐されそうな勢いです。

 

ところが、近年アナログレコードが見直され
デジタルとは違う音の魅力にハマる人が、
若者を中心に広がって来ました。

そのせいで、オーディオメーカーは、新規に
レコードプレーヤーを発売する動きに出ています。

 

それは良いことですが、ところがビックリ。

 

レコード針のおろし方や、
おろす場所が分からないと言う、
悩みを持つ人が多いんですね。

 

私のように昭和生まれの方なら、
そんなハズはなさそうですが、

CD登場以降に誕生した平成生まれの方に、
このような傾向があるようです。

 

今回はレコード再生に関して、
レコードの掛け方音が小さい・出ない

など、ずらずらと悩みを解決して行きながら、
プレーヤーの使い方の基本を述べようと思います。




『レコードプレーヤーの音が出ない!?』意外と知らないレコードプレーヤーの使い方

『ヤマハ R-N303』レビュー評価:デジアナオールインワンネットワークレシーバーの音質とは?

 

プリメインアンプでありながら、
ネットラジオやFM/AMが聴けてハイレゾも対応する、

オールインネットワークレシーバーが
ヤマハにラインナップされています。

 

それが3種類あるR-Nシリーズで、
本格的なオーディオサウンドを求めながら、
スペースを取らないコンポとして人気です。

 

今回はその中で、
最もエントリーモデルとなる「R-N303」を、
ユーザーレビューを基に評価してみましょう。




『ヤマハ R-N303』レビュー評価:デジアナオールインワンネットワークレシーバーの音質とは?

プリアンプとパワーアンプの違いってナニ?アンプで音が変わる?初心者のあなたに解説!

 

オーディオアンプのことを、
良くプリメインアンプと呼んだりしますね。

オーディオアンプの正式名が、プリメインアンプ
だと思っている方も多いことでしょう。

 

プリメインアンプと言うのは、
実は別々の働きをする、

プリアンプとパワーアンプ(メインアンプ)
一体になったアンプのことを指します。

 

一般のオーディオファンでも大抵の人達は、
場所を取らず設置の楽な、
プリメインアンプを好む場合が多いもの。

プリアンプとパワーアンプが別々になった
セパレートアンプを所有する人は、
かなりのマニアと言って良いでしょう。

 

ところで、
プリアンプパワーアンプ違いは、
どこにあるのでしょうか?

 

どちらか片方だけで、
スピーカーを鳴らすことは無理?

今回は、
プリアンプとパワーアンプはどう言うものか、
その違いで迫ってみたいと思います。




プリアンプとパワーアンプの違いってナニ?アンプで音が変わる?初心者のあなたに解説!