2021年 オーディオ情報屋が選ぶコンポおすすめベスト3

 (1)DENON PMA-800NE プリメインアンプ
ピュアオーディオ用アンプとして非常にコスパが高い  長年使うならコレ

 (2)JBL STAGE A130 2wayスピーカーシステム
小型のブックシェルフタイプながらガンガン鳴らせる ジャズ系の曲が得意

 (3)I-O DATA Soundgenic HDL-RA2HF
パソコンを使わずにどんどん音楽データを保存できるミュージックサーバー




『あなたにおすすめの記事』ピックアップ

iPodなどのデジタルプレーヤーから、本格的にオーディオを始めたいあなた、いざコンポを買うにもどんなタイプがあるのか、価格はどれくらいするのか迷うかも知れませんね。それならば、まずコンポのタイプを知って、自分に相応しい商品を見つけると良いです。大きく分け、3タイプがあることを知って下さい。

【オーディオコンポ】評判:音質と価格で選べば、単品コンポかミニコンポか一体型か?

『デジタルアンプとアナログアンプは何が違うの?』音質や特徴が知りたい(初心者向け)

 

オーディオコンポを組もうと思っているが、アンプはいったいどれを選んだら良いか悩んでいる、初心者の方もいらっしゃることでしょう。

プリメインアンプにすることは決めていても、デジタル式とアナログ式があって、どっちを選ぶべきか分からないこともありますからね。

 

デジタルの方が新時代のモデルだとは想像が付くでしょうが、販売店にはアナログアンプもたくさん並んでいて、踏ん切りが付かないこともあると思います。

そこで今回は、「デジタルアンプとアナログアンプでは何が違うのか?」比較し、それぞれの音質や特徴を分かりやすく解説したいと思います。




『デジタルアンプとアナログアンプは何が違うの?』音質や特徴が知りたい(初心者向け)

『マランツ NR1711』レビュー評価:NR1710と比較してどこが違う?

 

自宅でホームシアターを構築しようとする場合、まず考えるのはマルチチャンネルのAVアンプではないでしょうか?

オーディオ用2chアンプと違い、多数のスピーカーを使って5.1chや7.1chに対応し、臨場感のある音場を再現することが可能ですよね。

 

ただし、多くのAVアンプは機能が豊富なだけに、本体が大きくなりがちで、ラックの中に収納しきれない場合があるものです。

そのため興味があっても、購入を控えて来た人もいることでしょう。

 

これがもし一般のプリメインアンプと同じか、それ以下の小さなものだったら、あなたも食指が動いてしまうのではありませんか?

そんなコンパクトなAVアンプ、実はあるんですよ。

 

それが「マランツ NR1711」です。

今回はAVアンプらしからぬ小型ボディで、7.2chチャンネル対応のNR1711の魅力を検証し、ユーザーレビューを参考に評価してみようと思います。




『マランツ NR1711』レビュー評価:NR1710と比較してどこが違う?

『ソニー PS-LX310BT』レビュー評価:USBで録音できるBluetooth付レコードプレーヤー!

 

このところ、若い世代の方々のアナログレコードへの興味が上昇中です。

その影響で、CDショップではCDよりもむしろ、中古レコードコーナーに人が集まっているのを見かけますね。

 

この傾向をオーディオメーカーが見逃すハズはなく、初心者でも扱いやすく、価格もリーズナブルな新型レコードプレーヤーが続々と登場しています。

その中でも、高性能で便利なこのモデルが、今、注目されています。

それは「ソニー PS-LX310BT」です。

 

アナログレコードプレーヤーでありながら、デジタルプレーヤーに匹敵する高度な機能を持ち、若い人にも違和感のない使い勝手を提供しています。

今回はこのPS-LX310BTに付いて、ユーザーレビューを交えながら、魅力を検証・評価してみましょう。




『ソニー PS-LX310BT』レビュー評価:USBで録音できるBluetooth付レコードプレーヤー!