『JBL FLIP6 Bluetoothスピーカー』重低音モードはないがイコライザー調整で強烈な重低音が味わえる!

 

スマホやタブレットに入れた音楽を聴きたい時、これらに付いているスピーカーを使うのでは、音が小さかったり音質が悪かったりして、全然楽しくないですよね?

そこで一人なら、高音質なイヤホンやヘッドホンを使えばこと済むのですが、複数の人と共有するならスピーカーを用いたいところです。

 

で、どうせその音楽を聴くのなら、少しでも良い音で聴きたいことでしょう。

最近はBluetoothでつながるミニコンポがあるので、これを使うのもひとつの手ですが、持ってなかったり野外で聴きたいこともあるかも知れません。

 

そんな時は、本体にアンプを内蔵したアクティブスピーカーの1つである、Bluetoothスピーカーをおすすめしたいです。

大容量バッテリーを内蔵して長時間の再生が可能で、水濡れにも強くしかもあなたが重低音が好きなら、こんなモデルはいかがでしょうか?

それはHi-Fiスピーカーの老舗JBLが販売する「JBL FLIP6」です。

 

総合30Wのパワーと2個のパッシブラジエーターで、圧倒的な重低音を再生するポータブルシステム。

今回はこのJBL FLIP6をユーザーレビューを交えながら、その重低音の魅力を追求・評価してみることにしましょう。




 

CONTENTS

JBL FLIP6は野外など場所を選ばずアクティブに使える

 

まずは、JBL FLIP6のプロモーション動画をご覧いただきましょう。

これで、おおよその商品概要を把握できると思います。

 

 

本機はIP67と言う防水・防塵性能を備えていて、浴室や雨の中・ホコリっぽいところでの使用が可能です。

4800mAhのリチウムバッテリーを内蔵しており、約2.5時間の充電で最大12時間音楽再生を楽しめます。

 

 

大きさは幅178㎜x高さ68㎜x奥行き72㎜で、重さは550g。

おおよそ、500㏄のペットボトルと同じくらいの大きさと重さなんですね。

 

車のドリンクホルダーや、自転車のペットボトルホルダーにちょうどフィットしますよ。

つまり、ドライブやサイクリングをしながら音楽を楽しめてしまう訳。

しかも重低音を響かせながら聴けるのですから、ゴキゲンな気持ちになるのは間違いありません。

 

 

本機には旧製品にFLIP5がありましたが、この機種はスピーカーがフルレンジ1個で総合出力は20W。

防水性能もIPX7とやや劣っていました。

 

本機FLIP6はウーファーとツイーターの2wayとし、20Wの出力で低音から高音まで、よりパワフルに鳴り響きます。

そのため少々周りが騒がしい場所でも、音が埋もれることなく聞こえるんです。

 

 

また、本機にはFLIP5のような重低音モードはないのですが、専用アプリがあり、この中にあるイコライザーを調整することでよりパワフルな重低音が味わえます。

でも使うのは、ほとんど自分の部屋の中だけだから、あまりガンガン鳴っても困ると言うあなた。

 

心配いりません。

ボーカルが好きなあなたなら低音を抑え気味にして、中音を少し強調することで、クリアな歌声を聴けますよ。

 

 

ただ低音の再生だけに力を入れたライバル機が多い中、FLIP6は高音再生にも力を入れたHi-Fi志向のスピーカーと言えるでしょう。

Bluetoothはバージョン5.1に対応し、以前のモデルと比較すれば、途中で音切れしてしまうリスクも随分少なくなっています。

ボディカラーも、男っぽいブラックだけでなく他に5色ありますから、女性ユーザーでも違和感なく使えるのでは?

 

それではここで、実際にFLIP6を使っているあるユーザーの動画で、本機の音を聴いていただきたいと思います。

録音なので、本当の音質は確かめられませんが、その雰囲気だけは感じ取れるはずです。

 


協力 Ryotaのインテリアさん

 

いかがでしたか。

パッシブラジエーターだけでなく、本体まで振動する姿に、重低音再生能力がハンパじゃないのがお分かりになったでしょう。

 

では次に他のユーザーの皆さんは、本機にどんな感想を持っているのでしょうか?

そこで、いくつかユーザーレビューを集めましたので、次頁をご覧になって下さい。

 

3
JBL FLIP6

 

JBL FLIP6のユーザーレビュー

 

★「Bluetoothは最強系の安定度。さすが世界のJBL。高音・・・いい感じだ!ロックや激しい曲調にピッタリの抜けのいい高音。中音・・・少し高音・低音に対し物足りなさみたいな物を感じるが誤差かと。この辺りは好みの問題だしJBLはアプリも優秀なので、自分で調整も出来るので。低音・・・高音同様抜けのいい低音。キレがいいとも言える。BOSEのFlexが響く低音なのに対しこちらはキレッキレだ。正にロックの為のスピーカーという印象。全体的にバランスも良くベストバイの1つだと思う。」

★「サイズは大きめだが、ポータブルスピーカーとしての性能は十二分だと感じる。むしろ家のスピーカーとしても使用しても良いぐらいに感じる。高価なウーファーやしっかりとしたサウンドバーと比較してしまうと、音の指向性が高く臨場感は味わえないが、広い音域で安定性があり聴き心地の良い音だ。」

★「黒を所有しているが他のcolor optionもあり、色んな色が選べるのは非常に良いのでは?音質はこの価格帯で、今の使い方(室内)からだと全く問題なし。ただし少し中音域以上の強さ・クリアさがもう少しあればなおヨシか!?操作性は横向きに設置する場合、殆どのユーザーがJBLのロゴを前面に設置する筈。スイッチ数がほぼ背面になり、ONする際には、最低でも90度程度転がさないといけない点は残念。野外での使用をメインに考慮している為なのか?(手に握って運び、その際スイッチを入れてから置くという流れでは支障ない?)」

★「FLIP6の表面はFLIP5と同様で、荒めのファブリックとラバーバンパーの組み合わせ。ストラップバーやボタン周りの配列も同一だが、電源ボタンの押し込み感が軽くなって、その部分の操作はしやすくなった。FLIP5は結構固かった。デュアルパッシブラジエーター構造はFLIP5と同様だが、FLIP6はツイーターで高音をそこに回せるようにためか、低音も量感が増している。ツイーターの追加は、高音のキレ向上に結び付いている。EDM(エレクトロニックダンスミュージック)系の音楽は、より気持ちよく聴けるだろうなあと言う印象を持った。」

 

JBL FLIP6の評価

JBL FLIP6の良いところを挙げれば、それはまず、大きなロゴと全面にファブリックを貼り付けた、そのデザインの良さにあると思います。

SONYの製品のように、派手なイルミネーションを搭載する演出はないものの、左右にあるパッシブラジエーターが振動する姿を見ていると、釣られて踊りたくなるのではないでしょうか?

 

それが目だけでなく音でも確認できることで、ゴキゲンな気持ちになるのは間違いありません。

さらにBoseの重低音と比べると本機は歯切れが良く、より快感を覚えるでしょう。

 

 

しかもFLIP6は新たにツイーターを追加して、高音が低音に埋もれることなく、クリアに再現されるので、エレキ楽器を多用した音楽には相性ピッタリです。

デメリットを言えば、音楽再生を重点に設計されているため、人の話す声がどうしてもドラ声に聞こえてしまうことです。

 

なので、リモートワーク用のスピーカーには向いていないと思います。

だからなのか、本機には、特にリモートに便利な機能は付いていません。

 

また、入力もBluetoothワイヤレスのみで有線接続は不可能。

メーカーの見解では、あまり有線接続で使うユーザーがいないことと、入力ジャックを設けると、防水機能に支障をきたすことがあるからみたいです。

 

全体的にややドンシャリ系な音質ではありますが、スマホアプリのイコライザーを使うことで、音のバランスを変えることができます。

迫力はそのままに、自分の好みに音質をコントロールできるのは、本機の大きなメリットになることでしょう。

手に入れやすい価格でJBLサウンドを楽しみたい方にもおすすめと言えます。

これ1台ではステレオ再生はできませんが、手軽に迫力サウンドを聴くなら、購入の候補に入れるべきスピーカーなのは間違いないでしょうね。

 

3
JBL FLIP6

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください