サブウーファーの接続方法:プリメインアンプやミニコンポに取付けたい!

 

ネット情報を集めた後、
コンポを量販店で視聴し納得して購入。

ところが自宅で鳴らしたら思った音が出てこない!
そんな経験あなたにはありませんか?

 

例えば低音の量感が今一つ足りない・・・、
なんてことがあればガッカリしますよね。

スピーカーをエージングし期待した音が出ればともかく、
設置した部屋の影響などで、どうしても
満足のいく重低音が得られないことってあるんです。

 

ならば思い切って重低音だけを再生する、
アンプ内蔵のアクティブサブウーファー
追加してみてはいかがでしょうか?

 

ところが・・・、

「でも、どのようにプリメインアンプと
接続すれば良いのか分からない」

「愛用のミニコンポにサブウーファー端子がないけど、
接続できる方法はないの?」

そんな風に悩む方も多いことでしょう。

 

そこで今回は、アンプとサブウーファーをつなぐ方法を、
「SONY SA-CS9」を例に、3つお伝えしましょう。

 

あなたのプリメインアンプやミニコンポに
サブウーファー出力端子がなくても、

スピーカー出力端子さえあれば
必ずサブフーファーは接続可能です。

 

メーカーや機種が違っても、だいたいどれでも
同じ方法で接続ができるので参考にして下さいね。




 

サブウーファー出力端子を探せ!

 


プリメインアンプの背面にあるサブウーファー出力端子

 

まずは、お使いの
プリメインアンプやミニコンポのレシーバーの背面を見て、
サブウーファー出力端子がないか探してみましょう。

 

出力端子の名称は「SUB WOOFER OUT」の他に、
「MONO OUT」「MIX OUT」、また「PRE OUT」
となっている場合があります。

これがあればケーブル1本で、
サブウーファーと接続することができます。

 

サブウーファー出力端子とライン入力端子をつなぐ


サブウーファーの背面端子類 [A]

 

アンプ側の “サブウーファー出力端子” と、
サブウーファー側にある “ライン入力端子” は、

RCAケーブルでつなぎます。

 

アンプの出力端子はL・Rに分かれていることもあり、
その場合はRCAケーブルは一方の端が1ピンで、
もう一方の端が2ピンのものを使用しましょう。

 

サブウーファー出力端子がなく、スピーカー出力端子が2系統ある場合


アンプ背面のスピーカー出力端子A [D]と出力端子B [E]

 

サブウーファー出力端子がなくて、
スピーカー出力端子がAとBの2系統ある場合は
次のように接続して下さい。

 

一方(A)に “スピーカーシステム” とつなぎ、
もう一方(B)に”サブウーファー”とつなぎます。

 

こうすることで、アンプやレシーバー側に
サブウーファー出力端子がなくても、
サブウーファーと接続することが可能になりますよ。

 

サブウーファー出力端子がなく、スピーカー出力端子が1系統しかない場合


ミニコンポの出力端子 [B] とサブウーファー出力端子 [C]

 

ではサブウーファー出力端子がなくて、
ミニコンポのようにスピーカー出力端子も1系統の場合は、
どうすれば良いのでしょうか?

 

その時は、最初にスピーカー出力端子と
サブウーファー側の “スピーカー入力端子” を、
ケーブルでつなぎましょう。

それが完了したら、今度は
サブーウーファーの “スピーカー出力端子” と、

スピーカーシステムを接続します。

 

サブウーファーとスピーカーは直列つなぎとなりますが、
使用には全く問題はありません。




まとめ

 

以上、これらの方法を使えば、
どんなプリメインアンプやレシーバーともつないで、
重低音を楽しむことができるのです。

 

本来なら音質的には、
アンプの出力端子とサブウーファーの入力端子に、
RCAケーブルでつなぐのが最も良い方法です。

しかし、再生するのは超低域なので
人間の耳には判断しにくく、
実質的に音の違いは分からないでしょう。

 

今まで普及クラスのミニコンポだから、
サブウーファーは使えないと諦めていたあなた。

これで愛用のコンポが、迫力ある
重低音コンポに変身しますよ。

 

出典:ソニー株式会社

 

 

8件のコメント

  • とね

    突然すいません!
    ベリンガーのパワーアンプを購入したのですが、サブウーファのつけたかがわからず、、、
    rcaケーブルが二種類あるんですが、もう訳がわからなくて、、教えてください!

    • オーディオ情報屋

      とねさま、ご質問ありがとうございます。

      さてベリンガーのアンプと言うと、一般の家庭用アンプではなくてスタジオなどで使う業務用アンプですよね?
      業務用アンプにサブウーファーを接続するのはあまり聞かないのですが、目的は何でしょうか?

      また、サブウーファーとは一般にパワーアンプを内蔵した、パワードサブウーファーを指すので、
      パワーアンプではなくて、プリアンプのサブウーファー出力端子か、RCAライン出力端子と接続します。

      あえてパワーアンプに接続するなら、パワーアンプのスピーカー端子とサブウーファーの入力端子を繋いで下さい。

      左右2本のスピーカーは、サブウーファーに付いているスピーカー端子と繋ぐと良いでしょう。

      これでお分かりでしょうか?

      分からないのでしたら、改めてご質問下さい。

  • エースケ

    質問よろしいでしょうか。
    アンプにアンプレスのサブウーファーを接続したいのですが、どこに繋げばよいかお教え願えませんでしょうか。

    アンプ DENON AVC-1909
    サブウーファー シャープ
    RSP-ZAO26WJN1

    アンプにはRCA端子あります。
    スピーカー側は+と-の2本線です。
    よろしくお願いいたします。

  • オーディオ情報屋

    エースケ様、ご質問ありがとうございます。
    RSP-ZAO26WJN1と言うサブウーファーの構造が分からないのですが、これにスピーカー入力端子があり、AVC-1909側にスピーカー出力端子が余分にあるのなら、端子同士を一般のスピーカーケーブルでつなげばよいと思います。
    RSP-ZAO26WJN1にスピーカー入力端子がないのでしたら、AVC-1909にモノラルのプリアウト端子があると思いますので、これにサブウーファー出力端子の付いたプリメインアンプを用意して、RCAケーブルでつないで下さい。
    AVC-1909⇒RCA⇒別に用意したアンプの外部入力⇒別に用意したアンプのサブウーファー出力⇒RCA⇒RSP-ZAO26WJN1の外部入力と、接続がややこしくなります。
    一般にサブウーファーはアンプ内蔵のパワードサブウーファーを使うと接続が簡単なのですが、アンプ内蔵のものではないものは、スピーカーケーブルでつなげないのなら、別途、間にプリメインアンプをつながないと、サブウーファーは鳴りません。

    • オーディオ情報屋

      エースケ様、済みません。上記↑間違えました。改めます。
      RSP-ZAO26WJN1は、アンプが内蔵していないのでしたら、普通のスピーカー同様スピーカー入力端子が付いているはずです。
      ですので、AVC-1909にもう1系統スピーカー出力端子が空いていたら、これら端子同士をスピーカーケーブルでつないで下さい。
      これだけでOKです。
      ただし、AVC-1909側にスピーカー出力端子が空いていないのでしたら、上記のように別途もう1つアンプを用意してAVC-1909と外部入出力端子同士をRCAでつないで下さい。
      別途用意したアンプとRSP-ZAO26WJN1はスピーカー端子同士、スピーカーケーブルでつなぎます。
      これで音が出ると思います。

  • エースケ

    オーディオ情報屋様

    早々のご連絡ありがとうございます。

    おっしゃるように、スピーカーには入力端子があります。
    そしてアンプには出力端子が余っております。
    出力端子は使用していないところであれば、どこに繋いでも良いのでしょうか。
    余っているのは、センタースピーカー出力とフロントスピーカー出力のBと、バックサラウンドスピーカー出力が余っております。
    かさねがさね、よろしくお願いいたします。

  • オーディオ情報屋

    エースケ様

    アンプ側にスピーカー出力端子が空いているのなら、どこにつないでも同じですが、普通サブウーファーはフロントに配置するので、「フロントスピーカー出力のB」につないだ方が良いでしょう。
    使うケーブルは、普通のスピーカーケーブルで構いませんよ。ただつなぐ時、プラスマイナスだけは気を付けて下さいね。これを間違えると、重低音が出ません。

  • エースケ

    オーディオ情報屋様

    ご連絡ありがとうございます。

    フロントスピーカーのBですね。
    了解いたしました。
    何度もありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください