『ONKYOスピーカー D-212EXT』レビュー評価:D-212EXとの違いはどこに?

かつて日本のオーディオ全盛期には、
ブックシェルフスピーカーでも、
ウーファーの大きなモデルが主流でした。

 

今ではオーディオのパーソナル化が進み
また狭い住宅事情も重なって、

10㎝程度のウーファーを載せた
小型スピーカーが人気となっています。

 

その中でウーファーを13㎝に大きくして、
少し低音に余裕を持たせたモデルもあり、
人気になっています。

 

「ONKYO D-212EXT」もその1つ。

 

今回はこのONKYO D-212EXTの魅力を
ユーザーレビューを基に探り、
検証・評価してみたいと思います。




 

ONKYO D-212EXTの特徴と旧D-212EXとの違い

 

 

D-212EXT
幅18.8x高さ30.3x奥行きx29.7㎝の、
バスレフ型2ウェイスピーカーです。

 

13㎝径のコーン型ウーファーと
3㎝径のドーム型ツイーターを組み合わせ、

ツイーターは100kHzまでの帯域をカバー、
そのためハイレゾ再生が可能です。

 

デザインはオーソドックスですが、
バスレフダクトが背面でなく、
フロント下に位置するのが特徴。

ややバックロードホーン型に似て、
低音再生にこだわったモデルです。

 

定格インピーダンス/音圧レベルは
4Ω/84dBとなっていますから、
高能率のスピーカーシステムと言えます。

パワーが少なめのアンプとつないでも、
音量不足で悩むことはないでしょうね。

 

ところでD-212EXTには、
旧モデルにD-212EXがありました。

両機の違いはどこにあるかと言うと、
それは主にウーファーの形にあります。

 

D-212EXはコーン中心にある
センターキャップがない、

A-OMFモノコックと呼ばれる、
一体成型コーンを採用していました。

 

それをD-212EXTでは、旧来の
センターキャップ付きに戻したのです。

 

センターキャップは成型後接着するので、
キャップレスはコーンの振動に対し

有利だったはずなのに、どうやら
実際の音質に有効ではなかったようです。

 

一般のセンターキャップ付きの方が
力強い低音再生ができるとのことで、
変更がなされたらしいのです。

他にも細かい部分に変更はあるものの、
仕様に大きな違いはありません。

 

D-212EXは音圧レベルが83dBで、
D-212EXTの方が高能率になっています。

その代わりでもないでしょうが、
最大入力が150Wから120Wへ
D-212EXTの方が低下しています。

 

ではD-212EXTの実際の音質は、
どんなものでしょうか。

ユーザーさん達のレビューを集めたので、
ご覧いただこうと思います。

 

ONKYO D-212EXTのユーザーレビュー

 

★「ONKYOならではのフロントバスレフのデザイン。黒っぽい色味でカッコいいと思う。サランネットを外すと、ウーファーが真っ白なので目立つ。ONKYOのスピーカーのラインナップは、だいたい同じタイプのリングツイーターだが、高音の再生能力は高くきらびやかな印象で鳴ってくれる。中音は豊かで伸びのある音だと思う。ヴォーカルは良く響き輪郭もくっきりした感じ。楽器の音の再現性も高いと思う。低音はサイズなりの限界があるが、フロントバスレフダクトなので、壁からの距離に依存せずに楽しめる。」

★「見た目はシンプルで良いと思う。高音はとても綺麗で、このスピーカーの魅力だと思った。刺さることもなくまろやかで、聴いていて心地よい高音だと思う。高音に埋もれることなく中音も素直に鳴っている。女性ボーカルが綺麗に聞こえる。低音は高音に比べると少し落ち着いたイメージで、そんなに量は多くはないが、個人的には十分満足できる音質だと思う。」

★「店頭で聴いたより意外にも繊細な音。ただブックシェルフゆえ、バッフル容量の小ささのマイナス点は仕方ないのはわかるが、低音の出方がブスブスと人工的である。大きさ・筐体の作りには満足。セカンドオーディオとして見る限りはいいんじゃないかな。」

★「音は明瞭でやや硬質な感じ。柔らかい質感や響きはないので、アコースティックな曲や楽器は微妙かもしれないが、逆に電子系の音楽にはよく合う。全体的に値段相応だ。」

 

ONKYO D-212EXTの評価

 

ここで私がD-212EXTの評価をして、
まとめてみましょう。

 

本機はボディが小さいですが、
その大きさの割には
良く鳴るスピーカーだと思います。

 

特に高音の伸びが秀逸で、ハイレゾ
対応なのがうなずけますね。

決してキツい音で鳴ることもなく、
不快に感じることはありません。

この傾向は、D-212EXから同じです。

 

今回ウーファーを新しくしたことで
低音の力強さは増したはずですが、

どれ程違うかは両機を並べてみないと、
良く分からないかも知れません。

 

ただバスレフダクトが前面にあって、
容積の割に力強さと量感があるのは、
どちらも同じくらいだと思います。

 

とは言え、さすがにスケール感は
大型モデルにはかなわないので、

サイズからすれば元気に鳴るものと
認識するべきですね。

 

全体的に見れば
デジタル的なカッチリした音なので、
少しドンシャリな印象があります。

クラシックやモダンジャズのような
アコースティックな楽器を使った音楽は、
ちょっと合わないかも知れません。

 

それよりエレキ楽器を多用したポピュラー、
またJ-POPの方がピッタリしそうな
スピーカーシステムと言えるでしょう。

 

2


または

3


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください