2018年 オーディオ情報屋が選ぶコンポおすすめベスト3

  (1) ソニー HDDプレーヤーシステム HAP-S1
大容量のハイレゾ音源を詰め込んで気軽に再生できる アンプが高音質

  (2) ティアック Reference101 HR-S101-SW
低価格でハイレゾサウンドを堪能できる 高性能なPCオーディオの傑作

  (3) チボリオーディオ Music System BT
アコースティックサウンドがピッタリ ハイグレードな個性的一体型コンポ




『あなたにおすすめの記事』ピックアップ

iPodなどのデジタルプレーヤーから、本格的にオーディオを始めたいあなた、いざコンポを買うにもどんなタイプがあるのか、価格はどれくらいするのか迷うかも知れませんね。それならば、まずコンポのタイプを知って、自分に相応しい商品を見つけると良いです。大きく分け、3タイプがあることを知って下さい。

【オーディオコンポとは?】単品コンポかミニコンポか、はたまた一体型か

【サブウーファーの効果と置き場所】重低音がほしいあなたへ

 

ここ数年の流行で、比較的高価なオーディオコンポを購入する人も、
スピーカーは小型のブックシェルフを選ぶことが増えています。

その理由は、小さくても高音質で
鳴るモデルが多く登場したからでしょう。

 

日本の住宅事情を考えると、音が良いのなら
小型のモデルが売れるのは当然です。

ところが、いざ部屋に設置してみると、
スケール感がなく低音が不足気味だ!と、
ガッカリする人も少なくありません。

 

いくら評判の良い小型スピーカーと言えども、
どんな環境でも十分な性能を発揮するとは限りません。

置き方を変えてみるなど、色々工夫する努力は必要ですが、
どうしても満足できない時のひとつの方法として、
アクティブサブウーファーを追加するのも良いと思います。

 

今回は、低音不足を補う役割をするサブウーファーに付いて、
効果や置き場所をテーマに、あれこれお伝えしましょう。




【サブウーファーの効果と置き場所】重低音がほしいあなたへ

【オーディオセッティングの基本】コンポはこのように設置しよう

 

オーディオコンポは、セッティング次第
大きく音質が変わること、あなたはご存じでしょうか?

 

100万円を超えるコンポを揃えても、
ただ部屋に適当に設置するのでは、
価格相応の音質で鳴らすことはできません。

逆に数万円のミニコンポでも、
手を掛けてしっかりセッティングすることで、
価格以上の音で楽しむことができるんです。

 

今回は、マル秘『オーディオ上級者でも意外にやっていない、
オーディオ機器のセッティングの基本に付いて、
述べて行きたいと思います。




【オーディオセッティングの基本】コンポはこのように設置しよう

スピーカーをコスパの良いブックシェルフ型から選ぶ:ヤマハ NS-BP200の評価

オーディオの手始めに、ミニコンポを買ったまでは良かったが、
スピーカーの音質に不満を持つ人もいるでしょう。

でも、値段が高いんじゃ無理だけれど、
小型でコスパの良いブックシェルフ型なら
買い換えを考えても良いのではありませんか?

 

ならば、こんなモデルを
候補に入れても良いかも知れません。

それは「ヤマハ NS-BP200」です。

 

2台1組で1万円を下回る価格ながら、
オーディオコンポとして
しっかりラインナップされている製品なんです。

今回は、このNS-BP200に付いて
魅力を追ってみたいと思います。




スピーカーをコスパの良いブックシェルフ型から選ぶ:ヤマハ NS-BP200の評価