『ヤマハ A-S801』音質評価:低音の出方は?A-S501との違いは?

 

純粋な音だけを追求したいオーディオファンに向け、
昔から基本を変えずに
コンポを作り続けている老舗メーカーがあります。

 

ヤマハも、その1つのメーカーですね。

 

横幅が435mmあるフルサイズアンプにしても、
ずっとデザインコンセプトを変えず、
一目でヤマハの製品と分かるんですよね。

音質も一貫しており、グレードを問わず、
スッキリとナチュラルな音作りに伝統を感じます。

 

今回は、ヤマハのプリメインアンプの中でも、
中堅グレードの「A-S801」を、
ユーザーレビューを軸に音質評価したいと思います。




「『ヤマハ A-S801』音質評価:低音の出方は?A-S501との違いは?」の続きを読む…

オーディオスピーカーの出過ぎる低音を抑える方法が知りたい!

出典:D&M Holdings Inc

 

オーディオを趣味としているファンの方は、
何がしか、いつも音に関する悩みがあるものです。

 

その中で多いのが、
「もっと豊かな低音が欲しい」「もっと重低音を感じたい」
など、低音不足を解決したいと言うものなんですね。

これは私も長年悩み続けていましたから、
その気持ち非常に良く分かります。

 

ところが逆に、一部に
「スピーカーの出過ぎる低音抑える方法はないか?」
と言う悩みを抱えた人もいるんです。

 

正直申しまして「何て贅沢な悩みなんだ!」と、
私は思ってしまうのですが、本当に
悩んでいる人は出過ぎる低音に苦慮しています。

今回はなるべくお金を掛けずに、そんな
贅沢な悩みを解消すべく方法に触れてみましょう。

 

なお、低音不足の解決方法に興味のある方はこちら、
「小さなスピーカーで迫力ある重低音へ
増強させるおすすめ方法」
をお読み下さい。




「オーディオスピーカーの出過ぎる低音を抑える方法が知りたい!」の続きを読む…

『ヤマハ NS-BP200』レビュー:小型スピーカーは豊かな低音が重要!

オーディオの手始めに、ミニコンポを購入したものの、
スピーカーの低音不足に不満を持つ人もいるでしょう。

 

かと言って、高価で大きなスピーカーだったら
持て余してしまいますよね?

しかし、コスパの良い小型ブックシェルフ型で
不満が解消されるとしたら、
買い換えを考えても良いのではありませんか?

 

ならば、こんなモデルを
候補に入れても良いかも知れません。

 

それは「ヤマハ NS-BP200」です。

 

2台1組で1万円を下回る価格ながら、
オーディオコンポとして
しっかりラインナップされている製品なんです。

今回は、このNS-BP200の魅力に追って、
ユーザーレビューで評価してみたいと思います。




「『ヤマハ NS-BP200』レビュー:小型スピーカーは豊かな低音が重要!」の続きを読む…