『SONY PS-HX500』レビュー:レコードの音をハイレゾで録音できる高音質プレーヤーを評価!

 

アナログレコードを再生するだけでなく、
ハイレゾ音源に変換し録音できるレコードプレーヤー

「SONY PS-HX500」
を、レビュー評価してみましょう。

 

シェルと一体となったストレートトーンアームが
斬新なデザインで、以前のレコードプレーヤーとは
一線を画したデザインの製品となっていますね。

フォノイコライザーを内蔵しているので、
アンプ側にイコライザーがなくても
難なくレコードを再生することができます。




 

では実際の使い勝手はどんなものでしょうか?

すでに購入して楽しんでいるユーザーの皆さんの
レビューを基に、PS-HX500の魅力を探ってみます。

 

★「レコードプレーヤーの扱いに慣れている人には良いが、そうでない人にはアームの上げ下げをやるには難があると思う。しかし、レコードからハイレゾで手軽にパソコンで録音できるのは嬉しい。」

★「ホコリをかぶっていたレコードをよみがえらせるには、ちょうど良い手段となる製品だ。すでにレコード20枚分をハイレゾ化したが、意外に簡単にできた。」

★「現代の録音機能に対応したリーズナブルな価格の製品なので、その点は良いが、アナログレコード全盛の一般のマニアには物足りない。出来れば、オートストップ・オートリフトアップ、またはオートリターンがあれば魅力的だと思う。」

★「個人的にはこだわっていたので、不安はあったが、レコードが便利に録音できるので購入して良かった。」

 

さて、あれこれ語ってみましょう。

 

現代のハイレゾ時代にマッチした製品を、
比較的安い価格で実現した

価値あるレコードプレーヤーだと思います。

ただし、往年の名盤レコードをじっくり堪能できる
ほどの性能・機能を持ち合わせている訳ではありません。

 

レコード通に不満なのは、何と言ってもカートリッジを
交換して音質の変化を楽しめないことでしょう。

かつてのプレーヤーは、この価格帯のものでも
カートリッジは普通に交換できたし、モーターも
より安定性のあるダイレクトドライブが主流でした。

 

このPS-HX500はごく普通のベルトドライブで、品質も
2~3万円程度のプレーヤーとほぼ同等と思われます。

 

あくまで、アナログ信号をハイレゾでデジタル信号化させ、
パソコンへ保存するツールと割り切って使うなら、優秀な
オーディオプレーヤーとして評価できるのでしょう。

 

2


または

3

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

⇒ TEAC TN-350-CH

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください