『ONKYO CR-N765』レビュー評価:ブルートゥースも可能なハイレゾ対応ネットワークCDレシーバーの音質とは?

ocr-n765a

 

ミニコンポと同等の大きさながらハイレゾ対応で、
多くの音楽ソースが楽しめるネットワークCDレシーバー

「ONKYO CR-N765」
を、口コミ評価してみましょう。

 

ハイレゾ音源を取り込んだら、ハイレゾ対応のスピーカーや
ヘッドホンをつなぐだけで、即、
ハイレゾサウンドが楽しめるのが魅力です。

またネットラジオが聴けることも、
新しい時代のオーディオコンポと言えるでしょう。




 

では、このレシーバーの音質や
使い心地はどんなものでしょうか。

すでに購入した、ユーザーの皆さんの
口コミを参考に検証してみましょう。

 

★「音の解像度、広がりがとても良いと思う。低音の厚みも十分。満足できる音質で、買って正解だった。」

★「場所を取らずに、スッキリとしたデザインだ。アプリをダウンロードすれば、スマホで操作可能。USBもそのまま挿して使えるし、ネットラジオは世界中のラジオ番組をリアルタイムで聴ける。」

★「接続したスピーカーにもよると思うが、音質は高音寄りで、女性ボーカルは少し歪んだ感じがする。それと、内部に静音ファンを付けたいくらい発熱が凄い。」

★「ハイレゾの音は、CDと比べるとかなり違う。臨場感があると言うか、非常に原音に近いと思う。レコードを高額なアナログシステムで再生したような音のよう。」

 

さて、いかがなものでしょうか。

 

比較的低価格のネットワークレシーバーですが、
CDとハイレゾの音は、ハッキリ違うと感じさせるだけの
クオリティを持った製品と言えますね。

 

音の傾向は、昔のアナログオーディオ製品と比較すると、
少し高音域に寄りがちに聞こえる感じです。

 

低音域にエネルギーが寄ったスピーカーと組み合わせると、
高低のバランスの良いサウンドを奏でるモデルだと思います。

相性からすると、やはり新製品のスピーカー、特に
ハイレゾに対応したものを選んだ方が良いでしょうね。

 

ネットラジオが不安定と言う声がありますが、
これは他機でも同じなので、
ある程度は仕方のないことかも知れません。

割と発熱が多く、少し気になるところですが、
品質に問題ががあるレベルではないと思います。

 

総合的には、コストパフォーマンスは高めなので、
気軽にデジタルサウンドを楽しみたい人に、
おすすめのネットワークレシーバーと言えるでしょう。

 

CR-N765は、CR-N775に進化しました

2


または

3

ocr-n765b

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

Pioneer XC-HM86(S)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください