『ONKYO X-NFR7FX』X-NFR7TXとの違い:現在もSDカードが使えるミニコンポの音質とは?

 

ハイレゾにも対応したベストセラーシリーズミニコンポ
「ONKYO X-NFR7FX」の、
音質や使い心地をレビュー評価してみたいと思います。

 

比較的低価格ながらも高級感のあるデザインで、
お部屋のインテリアにもマッチします。

NFCやBluetooth接続で、スマートフォンの
音源を再生することができます。

 

フロントのUSB端子から、USBメモリーの音源も入力でき、
色んな音源から入力できる便利なミニコンポになっています。

また、SDカードスロットも付いて、
こちらからの音源も再生が可能です。

 

しかもCDからUSBメモリーやSDカードへ2倍速録音もでき、
最近のミニコンポとして嬉しい機能を搭載しています。




ONKYO X-NFR7FXとONKYO X-NFR7FTXとの違いとは?

 

X-NFR7FXには、X-NFR7TXと言う旧モデルがありました。

しかし、両機を比較しても見た目では、
全く違いが分かりません。

 

そこで取扱説明書を見て、やっと
仕様変更を知ることができました。

 

それは「Directモード」が新たに追加されたことです。

 

「Directモード」とは、
いわゆるトーンコントロール回路をバイパスして、
その分歪みを少なくするもの。

 

ただし、常にフラットな音質のままトーンコントロールを
使わないユーザーには気になる機能ですが、

自分好みの音質で楽しみたいユーザーには、
それほど重要なものとは言えないかも知れません。

 

その他の変更部分は発見できないので、
全体的な音質には両者の違いはないと思われます。

 

ONKYO X-NFR7FXのユーザーレビュー

 

では、実際の音質や
使い勝手はどんなものでしょうか。

すでにX-NFR7TXを愛用しているユーザーの皆さんの
レビュー基に、この商品の魅力に迫ってみましょう。

 

★「一体型のコンポの内蔵スピーカーとは違い、低音の響きがとても気に入っている。ただ、CDの挿入部分が少し貧弱な感じがする。」

★「これまでウォークマンでしか音楽を聴いてこなかったが、音が格別に良く聴こえて非常に満足している。とても楽しくしている。」

★「ハイレゾをうたっている割には、全く音が良くない。価格が安いので致し方ないが、他の方が音質が良いとの書き込みはおかしく、だまされた感じだ。機能としてはSD・USBが使えるので、その点は気に入っている。」

★「かなり操作が楽な部類に入るミニコンポだと思う。リモコンの使い勝手も良い。音質は普通に音楽を聴くには良いと思うが、スピーカーが小さいので、このクラスに低音を求めてはダメだ。」

 

ONKYO X-NFR7TXの評価

 

さて、いかがでしょうか。

 

このコンポの初期モデルは1998年のデビューですから、
シリーズとしてかなりのロングセラーになっています。

 

ロングセラーになっていると言うことは、
それだけ評判が良く、

完成度も高くなっていることの証しでしょう。

 

スマホなどの音源を、ワイヤレスで接続できる
便利な入力機能はもちろん、SDカード・USBメモリーへ
録音・再生ができる点も、とても評価できると思います。

なおハイレゾ音源は、
パソコンにあるデータをUSBケーブルでつないで、
再生が可能になっています。

 

音質はクリアですが、おとなしい感じで鳴るので、
聴く人により物足りない印象を与えるかも知れません。

しかし、決してこもったような音質ではないので、
BGM的に聴くと言うよりスピーカーに耳を傾け、じっくり
聴き込むとこのコンポの良さが分かることでしょう。

 

スピーカーは、フロントにバスレフポートがある割に
押し出し感が弱い感じなので、重低音にこだわる方は、
別途サブウーファーを追加すると良いでしょうね。

本機にはリアにサブウーファー端子
を装備していて、接続は楽です。

 

全体的な操作系は、昔ながらのミニコンポのものを
踏襲しており、取り扱いは初心者でも戸惑いません。

 

低価格クラスのコンポではありますが、
じっくりと音楽を聴き込んでみたい方に向いた、
オンキヨーらしさを前に出した製品と言えるでしょう。

 

2


または

3

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください