プリメインアンプ TOPAZ AM5 レビュー評価:エントリークラスベストバイの音質は?

 

携帯オーディオプレーヤーを卒業して、そろそろ
本格的にオーディオコンポで音楽を聴いてみたいと
思っている方も多いことでしょう。

そこで手軽にミニコンポでもと思うかも知れませんが、
ここは1つエントリークラスでもベストバイの
バラバラコンポ(バラコン)で揃えてはいかがでしょうか?

 

もしそれならば、まずは入門用に相応しい
プリメインアンプから選ぶと良いですよ。

 

おすすめは、
Cambridge Audio(ケンブリッジオーディオ)
「TOPAZ AM5」です。

 

2万円そこそこの低価格でありながら、
名門海外製プリメインアンプの音を味わえるんです。




 

ケンブリッジオーディオ プリメインアンプ TOPAZ AM5とは?

 

Cambridge Audioは、
イギリス最大級のオーディオメーカー。

今までにに数々の傑作プリメインアンプを世に送り出し、
多くのオーディオファンから支持されているブランドです。

 

その中でもTOPAZはエントリークラスのシリーズになり、
AM5は最もコスパの高い製品と言う位置付けになっています。

 

薄型のパネルは、シンプルでも必要な機能をきちんと備えた
デザインで、誰でも簡単に操作可能なレイアウトです。

音はいかにも貴族の国らしい、少し柔らかめで
繊細な味付けがなされていると言います。

 

ブラックに塗装されたアルミパネルにあるのは、大きめの
ボリュームにトーンコントロールつまみとバランスつまみ、

そして入力切り替えつまみと
携帯プレーヤーの音を入力できる3.5mmミニ端子だけ。

 

phono入力やヘッドホン端子も省略され、
実にシンプルです。

その分音質にコストを掛けた仕様となっています。

 

ケンブリッジオーディオ プリメインアンプ TOPAZ AM5のレビュー

 

ではTOPAZ AM5の音質は実際にどんなものか、
使い勝手も含め、すでに愛用中のユーザーの皆さんの
レビューを集め、覗いてみることにしましょう。

 

★「フロントパネルはアルミ材を使っているようで、大変見栄えが良い。ツマミ類はプラスチックそのものだが、価格からするとこれ以上を望むのは酷だろう。機能がシンプルなだけに、操作も簡単だ。音質は、この価格帯の製品としては非常に良いと感じる。特に低域は厚みが特筆に値し、温かみのあるリッチなサウンドに驚いた。音が窮屈にならず、のびのびとした余裕が感じられる。」

★「やっぱり、オーディオはヨーロッパが本場。国内ブランドの同価格のものと比べ、耳に刺さるような機械的な音ではなく、音楽性の高い、スペックを遙かに超えた柔らかく肉厚なサウンドに驚いた。ボリュームの感触にもう少し高級感があると更に良かったが、取りあえずこれで十分満足だ。」

★「中身もスカスカの、こんな安い価格のアンプでなぜ音が良いのか不思議だが、瑞々しく躍動感のある素晴らしい音だ。以前使っていたアンプからこのアンプに替えた途端、音が前に出てきて、ミュージシャンが生き生きと演奏するようになった。ただ日本のメーカー品と比べ弱点もある。ボリュームツマミ等がプラスチックの値段なりの作りで、所有感が満たされない。小音量時に左右の音量バランスが違ってくる(右の音量が低くなる)。バランスつまみで調整できるのだが・・・。」

★「聴いていて気持ちの良いアンプだ。組み合わせるスピーカーもよほど相性が悪くなければ、低音に十分な表現力を持つ。ジャズに良く合うように感じた。欠点はトランスの鳴き。しばらく使うと治まるのだが、最初のうちは “ブーン” と言う音が聞こえる。」

 

ケンブリッジオーディオ プリメインアンプ TOPAZ AM5の評価

 

リモコンがなくて操作が不便

フォノイコライザーがなくレコードプレーヤーが使えない

ヘッドホン端子がなくヘッドホンが使えない

スピーカー端子が一系統しかない

など、機能からすれば不満が残るアンプです。

 

しかし、レイアウトがシンプルな分使いやすいので、
あまりリモコンの必要性は感じないでしょう。

スピーカー端子が一系統しかなくても、
エントリークラスでは2組使う機会は少ないので、
それほど不自由を感じることもないはず。

ヘッドホンも使えませんが、これは
コストの関係もあり諦めるしかありません。

 

レコードプレーヤーも使えませんが、
どエントリークラスのコンポでレコードを聴く人が
どれほどいるのか不透明だと思います。

必要ならば、DENON DP-200USBのように
イコライザー内蔵のプレーヤーを使うと良いでしょう。

 

音楽ソースはこのアンプにはCDが使いやすく便利だし、
AM5にはデザイン的にもマッチしたCDプレーヤー
TOPAZ CD5があるので、これを使うのがお似合いです。

フロントに携帯プレーヤーの入力端子があるので、
i-Podなどを再生するにも十分活躍しますね。

 

それより、やはりこのAM5の魅力は
何と言ってもその音質にあります。

 

クラスを超えた図太い音は、
1クラスも2クラスも上を行くものです。

出力は25W+25Wながらもパワー不足はなく、
そこそこ大きなスピーカーをつないでも
迫力がなくて不満を感じることはないでしょう。

 

だた、やはりデザインバランス的には
小型スピーカーの方が似合っていますね。

 

DARI ZENSOR1FOSTEX P804-Sあたりが、
低音から高音までバランスの取れた
サウンドを鳴らしてくれるのでは?と思います。

 

安価だしパッと見、それなりの音だろうと言う
印象を受けるかも知れませんが、
実際に聴くと良い意味で裏切られてしまいます。

 

初めて購入する本格的プリメインアンプとして、
初心者の方なら十分満足する製品と断言しましょう。

 

2


または

3

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください