『FOSTEX パッシブスピーカー P804-S』レビュー評価:ハイレゾ対応のかんすぴシリーズ!

小さくてもハイレゾ対応のパッシブスピーカーシステム
「FOSTEX(フォステクス) P804-S」(ペア)
を、レビューで評価してみたいと思います。

 

10㎝口径のウーファーに新設計バスレフエンクロージャーで、
コンパクトながら豊かで力強い低音を再生。

また、ソフトドームツイーターは、40kHzまで再生可能と
ハイレゾ対応になっており、この2ウェイユニットで構成する
スピーカーシステムになっています。

 

ちなみに “かんすぴ” とは、”かんたんスピーカー” の略で、
同社のスピーカー組み立てキットシリーズの流れを汲む商品
と言う意味なのだそうです。

なりは小さくても、結構重い2.3㎏の重量で、
大きなエネルギー信号もしっかり受け止めるだけの
実力を秘めているようですね。




 

では実際に、どんな音質なのでしょうか。

すでに愛用しているユーザーの皆さんのレビューを基に、
P804-Sの魅力を探して評価してみましょう。

 

★「黒と木目のコントラストが良い感じで、どこに置いても違和感がない。高音はハイレゾを意識しない自然な音。息遣いも自然な中音は、ボーカルも男女ともきちんと表現してくれる。低音は伸びも良いし、深みもある。クラシックもダイナミックだ。特にジャンルを選ぶわけではなく楽しく音楽を聴かせてくれる。」

★「このP804-Sは、ボーカル表現が秀逸。中音はピカイチだ。低音はタップリと出て来るが、エージングしても若干ボワ付いている。この点は下位モデルのP803-Sの方が引き締まっており、同じ音量で聴いた場合でも、P804-Sの方がボワ付いている。総合的に見ると、P803-Sの方に軍配が上がるだろう。」

★「音の分離が良く、各楽器の距離が適度に広がる。音場は結構広い。低音の量はそれほど多くないが、テンポよく弾むため、不思議と不足感は感じない。音像はシャープでありながら、温かみがあって音が硬くない。」

 

さて、いかがなものでしょうか。

 

小型ウーファーを採用したスピーカーシステムですが、
エンクロージャーの設計が良く、同クラスの中では低音の
量感は豊かな方だと思います。

裏のケーブル接続部を見ると、きちんとバナナプラグを採用し、
本格的オーディオスピーカーであることが伺われます。

 

良いのはバスレフポートが底部にあるため、
壁に影響されることが少なく、
設置場所による音の変化が少ないことですね。

 

低音のボワ付きを感じると言うレビューがありましたが、
私は気にするほどには感じません。

むしろ、スタジオモニター的な、
誇張のない真面目な音ではないでしょうか。

 

ツイーターは、ハイレゾ音源の音域まで再生が可能ですが、
決してきつい鳴り方ではなく自然な聴きやすさが特徴です。

全体的には中音が一番充実して聴こえるので、
ボーカルが綺麗と言うのは間違いないでしょう。

 

小型ブックシェルフなのでスケール感豊かな鳴り方ではないですが、
緻密に鳴ることで、スピーカーの前でじっくりと聴き込みたい人
には相応しい2ウェイスピーカーシステムと言えると思います。

もし、さらにスピーカーにリアリティを求めるのなら、
もっと大きなシステムを選ぶか、サブウーファーを追加して
迫力を求めるのが良いでしょうね。

 

2


または

3

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

⇒ ONKYO D-112EXT(D)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください