サブウーファーおすすめ:『YAMAHA YST-FSW150』をレビュー評価!

最近のオーディオコンポでは、
スピーカーにミニコンポほど小さな、

ブックシェルフスピーカーを
選ぶ方が増えています。

 

設置場所に困ることが少ないし、
PCと一緒にデスクトップに置きたい
ニーズもあるからでしょう。

またスピーカーの性能も向上して、
小さくてもとても綺麗に鳴るモデルが
多くなった事も一因だと思います。

 

ただ音色は綺麗でも、
本体容積に限界があることで、思うような
重低音が得られないこともありますね。

 

その場合の解決方法の1つとして、
サブウーファーの追加があります。

 

ところがサブウーファーの多くは本体が大きく、
せっかく小さなスピーカーを選んだのに、
その大きさが欠点になってしまうこともあります。

では、できるだけ場所を取らない、
おすすめの小型サブウーファーは
ないのでしょうか?

 

ありますよ!それは、

「YAMAHA YST-FSW150」です。

 

今回は、入門機としても相応しい
サブウーファー、YST-FSW150
ユーザーレビューで評価しましょう。




 

YAMAHA YST-FSW150は、どんなサブウーファー?

 

YST-FSW150は、サブウーファーの
種類として小型のモデル。

横450mm x 高さ166mm x 奥行き366mmと、
一般のプリメインアンプ程度の大きさです。

 

市販のオーディオラックにも入るほどなので、
ホームシアターのサブウーファーに使っても、
邪魔になるようなことはないでしょう。

 

もし、オーディオラックに入らなくても、
本機は縦置きも可能です。

ラックの横に並べることだってできますよ。

 

本体が小さいだけに、
搭載するユニットも160mm径と小さめ。

でも内蔵するパワーアンプは、
75W(5Ω)とハイパワーです。

 

小型ブックシェルフとの組み合わせなら、
十分迫力ある重低音が楽しめるでしょう。

また同じヤマハ製のAVアンプなら、
対応するモデルで、
電源の自動ON/OFFができて便利です。

 

では、YST-FSW150の音質や使い勝手は、
いかがなものでしょうか?

 

すでに使用中の、
ユーザーさんのレビューを集めたので、
確かめてみることにしましょう。

その後で、本機を評価して参ります。

 

YAMAHA YST-FSW150のユーザーレビュー

 

★「事務机の下に置くので、横型(横置き)のタイプを選んだ。ボックスの容積が小さいので音はどうかなと心配したが、迫力満点の低音が出て満足している。電源スイッチとボリュームつまみが前面にあるので、操作しやすい。」

★「意外にデカくてAVアンプに近いくらい大きいが、ラックに収まるので、大きさを感じさせないのはさすが。良質な低音を出すにはある程度の大きさは必須なので、仕方ないと思う。ヤマハのアンプで電源の連携もできるので、ヤマハで揃えるなら良いと思う。」

★「サイズが小さく、デザイン性にすぐれたものを探し、決めたのが本商品だ。サイズなどは思った通りで満足だったが、今一つ重低音が響いてこない感じがする。もっともセッティング場所が、場所の関係上床ではなくオーディオラックの上であり、座って聴くリスニングポジションよりも、高いところにある事が問題かも知れない。」

★「ONKYOのネットワークCDレシーバーに、DENONスピーカーシステムを繋いで音楽を聴いていたのだが、どうも低音が淋しかったのでこれを追加した。同シリーズのYST-FSW050と迷ったが、こちらの方がラックのスペースにピッタリだったのでこちらにした。見た目もスッキリスタイリッシュ!実際聴いてみると、デノンのスピーカーの音とマッチして良い感じだ。嫌な低音じゃなく心地良い響き。ボリュームはかなり控えめにしているが、本体の電源を切ると急に淋しくなる。もちろんデノンのスピーカーでも良い音がするのだが、一度このサブウーファーを使ってしまうと、これ無しには戻れなくなってしまった。」

 

YAMAHA YST-FSW150の評価

 


 出典:CRUTCHFIELD

 

愛用のスピーカーの低音不足に悩んで、
サブウーファーをを追加したい方は
多いのではないかと思います。

でも、どのモデルも結構本体が大きく、
設置場所のことを考えてしまうと、導入を
ちゅうちょしてしまうかも知れませんね。

 

YST-FSW150は、この手の製品としては
小さく横置きデザインになっており、
オーディオラックに押し込むことも可能です。

ラックに入らなかったとしても、
縦置きにすることもできますから、あまり
設置場所に苦労することはないでしょう。

 

組み合わせも、
小型ブックシェルフスピーカーの方が、
見た目バランスが良さそうです。

 

欠点としては細かいことですが、
連続可変のハイカットフィルターがなく、

ややメインスピーカーとの
音の周波数バランスが取りにくいこと。

 

なので、サブウーファー側のボリュームと、
アンプ側のトーンコントロールのバスを動かし、
低音のバランスを取ると良いでしょう。

 

コツはアンプのバスをフラットより弱めにして、
サブウーファーのボリュームで、
低音をコントロールすることです。

アンプのバスを強調ぎみにしていると、
ズンドコ低音が響くばかりで、
良質な重低音を得ることができません。

 

また本機のもう1つの欠点として、
オートスタンバイ機能がないことですね。

 

同じヤマハの指定AVアンプを使えば、
自動的に電源が連動するので良いのですが、

そうではないアンプだと
手動で電源をON/OFFしないといけません。

 

オートスタンバイは、
音声信号がアンプから止まった時点で、

サブウーファーのアンプの電源が切れ、
テレビのスタンバイ状態と同様になります。

 

完全に電源が切れる訳ではないのですが、
相応に省エネになるのは間違いないです。

安価なサブウーファーながら、
この機能だけは付けて欲しかったですね。

 

それでも電源スイッチが前面にあるので、
背面にあるモデルよりはまし、
と言っても良いかも知れませんが・・・。

 

いずれにしろ、手軽に重低音を補強できて、
入門機としておすすめなのは確かでしょう。

 

2


または

3

 


  出典:CRUTCHFIELD

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください