『SANSUI SMC-300BT』真空管交換:分解をメーカーは推奨しないけど自分でもやれる!

出典:Thanh Tam Audio

 

少し前に、“PCオーディオ” と言う言葉が
流行った時代があったのですが、

取り扱いがパソコンっぽくて、
馴染みにくい感じがありましたね。

 

今では、一般に
オーディオコンポにデジタルが浸透して、

ハイレゾも身近な存在になり、
PCオーディオも一段落したようです。

 

一方でデジタルとは真逆のブームが起こり、
今までのサウンドに飽き足らないファンが、
かつての真空管に興味を抱くようになりました。

これが意外にも初心者に受け、
手の届きやすい価格のモデルが
続々と登場しています。

 

「サンスイ」ブランドを展開するドウシシャも、
真空管を使った独特なデジアナミニコンポを販売、
レトロな外観の「SMC-300BT」が人気です。

 

ただ真空管はトランジスタと比べ寿命が短く、
切れてしまうと、そこで
音が鳴らなくなってしまうのが欠点。

SMC-300BTの場合も切れてしまったら、
自分で交換はできるのでしょうか?

 

オーディオ歴の浅い
真空管ファンのあなたのため、
調べてみることにしました。




 

メーカーはユーザーの真空管の交換を推奨していない

 

 

まずSMC-300BTの取扱説明書を見ると、
上のイラストの通り1ヶ所だけ、
真空管に関する記述がありました。

 

これを見ると、

「本機は真空管を使用しているため、
電源投入直後すぐには使用できない」

「煩雑な電源の入切、
電源コードの抜き差しはしない」

「改造などで真空管を交換しない」

と書かれています。

 

どうやら、内蔵の真空管は自分で交換をせず、
メーカーに任せなさいと言う事のようです。

 

しかし、頻繁に電球のように切れるのなら、
そのたびメーカーに交換を依頼するのは、
大変なのではないかと思いますよね?

実際、真空管と言うのは、
寿命はどれほどなんでしょうか。

 

色々と調べてみたら、おおよそ
5.000時間ほど持つことが判明しました。

 

と言う事は、
1日平均2時間使うとして計算すると、
7年足らず使えることになります。

仮にSMC-300BTを10年間使うとしたら、
1度は交換しないといけない訳ですね。

 

これが長いか短いか、ユーザーの考えで違いますが、
もし自分で乾電池のように交換できるとしたら、
チャレンジしてみたいと思う人も出て来るでしょう。

 

本機で使用している真空管は、
一般のギターアンプに使っている「12AX7」で、
これは普通に楽器店で手に入る製品です。

 

これで第一関門は通過できましたが、
肝心なのは交換方法ですよね。

私も真空管にはあまり詳しくないので、
あれこれネットで探してみました。

 

すると、あるサイトに
交換方法が載っていたので、ご紹介しましょう。

 

真空管の交換は自分でできても、あくまで自己責任で行う事

 

出典:アマチュア無線局JG7LBNのホームページ

 

調べた結果、
アマチュア無線局JG7LBNのホームページ
と言うサイトに、その記述があるのを発見。

 

今回、こちらから
引用させていただこうと思います。

 

私は、SMC-300BTを書斎で愛用しています。

スピーカーをDIATONE DS-100ZV、スピーカーケーブルをCANARE 4S6に換えてあります。

そして、ハイブリッドアンプの音に不満はありませんが、なんとなくどこかを弄ってみたくなり、元々入っていた真空管12AX7B 2本をJJのECC803S-GOLDに交換しました。

ロングプレートで少し背が高いですが全く問題ありません。

私が行った交換方法は以下のとおりです。

取扱説明書には「改造などで真空管を交換品しないで下さい」と記載されています。

試される方は全て自己責任でお願いします。

 

①本体から電源コード・スピーカーなど、接続してある物をすべて取り外す。

②底のネジ3本を回し外す。

③リアパネルのネジ10本を回し外し、リアパネルを取り外す。

④キャビネットの中身をリアパネル側から押してやるとフロントパネル側から出るので、途中で「キャビネットのNFC」と接続してある線のコネクタCON3を基板から取り外し、キャビネットから中身を完全に取り出す。
(CON3はフロント側が黒色線、再接続時に誤らないよう注意)

⑤CDドライブを固定してあるネジ4本(フロント2本・底2本)を回し外す。
(真空管交換時にCDが邪魔な場合、線のコネクタを基板から取り外して除けるが、再接続時に誤らないよう注意)

⑥フロントパネルを基板に固定してあるネジ4本を回し外し、フロントパネルを取り外す。
(CDの「Vaccum Tube HiFi System SMC-300BT」部分も前に引き外す)

⑦真空管後方の金属板のネジ2本を回し外し、金属板を取り外す。
(必須ではないが、金属板を取り外したほうが真空管の換装作業がしやすい)

⑧真空管をソケットから引き抜き、新しい真空管を挿し込む。

⑨これまでの逆の順序で元に戻す。

出典:アマチュア無線局JG7LBNのホームページ

 

いかがでしょうか?

 

電気機器のメカにはまるで疎いと言う方は、
どうにもならないかも知れません。

 

しかし、トラジスタラジオキットが
組めるくらいの方なら、
D.I.Y.可能なのではないでしょうか。

 

このホームページの管理人さんは、
内蔵の「12AX7」ではなく、より高性能な
「ECC803S-GOLD」に交換したようです。

 

このあたりの知識が豊富で詳しい方なら、
このような別の真空管に交換して、
本機の高音質化を図っても面白いでしょう。

 

ただし、決して私は、D.I.Y.を
おすすめしようとする訳ではありません。

交換しようと思っているあなたは、仮に、
不具合が生じても怒らないで下さいね。

 

プリアンプに真空管を使った新製品が登場した

 

以上、人気のSMC-300BTの真空管の
交換方法に触れてみました。

真空管の柔らかく
温かい音質が好きなあなたには、
興味を持てたでしょうか?

 

ところである情報によれば、近いうちに
SMC-300BTの生産が終了するとのことです。

人気のモデルなのにこれが本当なら、
とても惜しい気がしますね。

 

ところで、
このうわさを裏付けるように、サンスイは
新しくSMC-500BTの発売を発表しました。

 

SMC-300BTは出力が30W+30Wですが、
SMC-500BTは75W+75Wと、
かなりのハイパワーになっています。

 

ただ、倍以上のスペックから想像すると、
SMC-300BTの代替機なのではなく、
上級機になる可能性もあると思います。

販売価格も、グッと
高くなっていますしね。

 

デザインはレトロなSMC-300BTと違い、
現代的な直線を生かしたものです。

新型機が気になるあなたなら、
SMC-500BTの方もみても良いでしょう。

 

でも性能云々より、まずは
レトロなデザインが好きと言うのなら、
SMC-300BTにこだわるのもアリです。

 

どちらにしても、他社では手に入らない、
真空管ハイブリッドアンプ搭載
CDステレオシステムであるのは同じです。

 

2
または
3

SMC-500BTはこちら
2
または
3

 

出典:Thanh Tam Audio

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください