『DENON SC-T37』レビュー評判:バイワイヤリング接続可能 スリムなトールボーイスピーカー

 

現在、日本国内でオーディオスピーカーと言えば、置き場所を取らない小型のブックシェルフタイプが売れ筋です。

昔と違い、小さいのに低音がしっかり出る元気なモデルが多いので、これで十分と考えるユーザーが多いのでしょう。

 

しかし、やっぱりボリュームを下げてしまうと、中高音は良くても低音のスケール感に不満が出てしまうもの。

その対策の1つとして、サブウーファーを追加するのも手なのですが、左右2つのスピーカーで得られる迫力と言うものには、やはり満足感が違います。

かと言っても大型スピーカーは場所を取るし、それに何と言っても価格が高いですよね?

 

ならば、スリムなトールボーイスピーカーを考えてみるのはいかがでしょう。

スリムでありながら低音に重心を置き、反面、ハイレゾ再生も可能で伸びの良い高音が楽しめる、そんなスピーカーシステムがあるんです。

 

その代表格の1つとしておすすめなのが「DENON SC-T37」

今回は、このDENON SC-T37をピックアップして、聴き応えをユーザーレビューや評判を参考に探り、検証してみることにしましょう。




「『DENON SC-T37』レビュー評判:バイワイヤリング接続可能 スリムなトールボーイスピーカー」の続きを読む…

『BALMUDA The Speaker 』レビュー評判:音質をSONYグラスサウンドスピーカーと比較!

 

音楽を楽しむには人それぞれ好きな聴き方があり、根っからのオーディオファンなら、しっかり2つのスピーカーに向き合って聴き入るものです。

一方で何かをしながらの “ながら” で聴くのが好きで、例えばウィスキーを片手に、少し明かりを落とした部屋で楽しむ方もいることでしょう。

 

そんな方なら、音に合わせて明かりを見つめるのも、きっと嫌いではないでしょうね。

ならば、そんな明かりでムーディーな演出ができる、Bluetoothスピーカーを使ってみるのも面白いのではないでしょうか?

 

その中で、近頃評判なのが「BALMUDA The Speaker」です。

家電品で若い人達に人気の、あのバルミューダ初のオーディオ製品。

 

品番はM01A-BKです。

今回はこのBALMUDA The Speakerに注目して、本機の魅力をユーザーレビューを参考に探ってみようと思います。




「『BALMUDA The Speaker 』レビュー評判:音質をSONYグラスサウンドスピーカーと比較!」の続きを読む…

『ヤマハ NS-F500』レビュー評価:容積の大きな本体でブックシェルフとは違う音質を奏でるトールボーイ型フロアスピーカー

 

オーディオ用スピーカーと言えば、最近はウーファーが12㎝~13㎝程度の、ごく小型のブックシェルフモデルが人気です。

小さくても、音質が良いものが多いですからね。

 

ただ、エンクロージャーの容積が小さいだけに、低音の迫力や音のスケール感を表現するには限界があります。

そこで、サブウーファーを追加する手段を取る人もいますが、スケール感の大きさを特に重視するなら、初めからフロア型モデルを購入するのも1つの手です。

 

と言っても、フロア型となるとスペースを取るので、狭い部屋にはちょっとなぁと感じてしまうかも知れませんね。

もし、例えばあなたが大型テレビの両横に少しスペースがあるなら、同じフロア型でもスリムなトールボーイモデルを選んではいかがでしょうか。

 

ドンシャリではない落ち着いた音が好みなら、「ヤマハ NS-F500」を選択肢の1つに入れてみるのも良いでしょう。

今回は、このNS-F500をユーザーレビューを参考に評価し、ブックシェルフ型とは違う魅力に触れてみたいと思います。




「『ヤマハ NS-F500』レビュー評価:容積の大きな本体でブックシェルフとは違う音質を奏でるトールボーイ型フロアスピーカー」の続きを読む…