『スピーカーインピーダンスとアンプの関係』高いのと低いのではどちらが良い?

 

オーディオコンポを購入しようとする際は、
ミニコンポなどシステム化されたものじゃなく、

アンプ・スピーカーを別々に選ぶとしたら、
注意したいことがあります。

 

それはスピーカーの
「インピーダンスとアンプ」
の関係です。

 

カタログの仕様表を見ると、
型式や使用するユニット・最大入力の他に、
インピーダンスの項目があると思います。

また、出力音圧レベルと言う
項目も見かけることでしょう。

 

これらは何を意味するのか、また
高い方が良いのかそれとも低い方が良いのか、
あなたは気になったことはありませんか?

一見地味に見えるこれら2つの項目は、
スピーカーだけでなく
実はアンプを選ぶ上でも重要なことなんです。

 

今回は初心者のあなたに、分かりやすく
これらを解説して行きたいと思います。




 

スピーカーインピーダンスとアンプの出力の面白い話

 

 

まずは、
スピーカーインピーダンスとは、
何のことでしょうか?

 

これはアンプから流れて来た電気信号が、
スピーカーの回路を通過する時の、
電気抵抗のことを指すものです。

 

インピーダンスは「Ω(オーム)」と言う単位で示し、
現代のオーディオスピーカーは8Ωを基準に、
インピーダンスが高いとか低いとか言います。

その理由(わけ)は1980年代~90年代の、
オーディオ全盛期に発売されたスピーカーに、
8Ωのものが多かったことに由来します。

 

この8Ωを基準に、アンプの出力が
表記されていたのです。

例えば、
「60W+60W(20Hz~20kHZ 8Ω)」
と言うように。

 

ところが2000年以降ブームが去り、
ユーザーはオーディオに予算を掛けなくなり、
価格の安いモデルに人気が移って行きました。

大型モデルは軒並み姿を消し、
スペースを取らない
ミニコンポが売れ筋になったのです。

 

そこでメーカーも、
小型モデルのラインナップを増やし、

今もスピーカーの人気の中心は、
小型ブックシェルフとなっています。

 

ここで少しアンプの話になりますが、
アンプもコストダウン化すると、

当然販売価格が下がりますが、
同時に最大出力も小さくなります。

 

でもアンプの出力が小さいと、
ユーザー目線では
頼りない製品に感じますよね?

そこでこれを補うために、
低インピーダンスのスピーカーが、
多くなって来たのです。

 

それまでの8Ωに代わって、
6Ωや4Ωのモデルが増え、
これらが主力になっています。

 

これはどういうことなのかと言えば、
インピーダンスを低くすることで、

アンプの信号抵抗を減らせるので、
出力をアップさせられるのです。

 

ここで、
アンプのカタログの定格出力の項目を、
見ていただきたいと思います。

 

例えば先ほどの、
「60W+60W(20Hz~20kHZ 8Ω)」
の表記の隣を見ると分かります。

「70W+70W(20Hz~20kHZ 6Ω)」とか、
「120W+120W(20Hz~20kHZ 4Ω)」などと
併記されているのではないでしょうか?

 

製品によってカタログの出力覧に、
4Ωしか表記しないものがあり、

これだけで、
「俺のアンプは120W+120Wもあるんだぜ」と、
ユーザーを喜ばせることが可能になります。

 

以前のように8Ω表記なら、
60W+60Wなんですけどね・・・。 (^^;

 

ここで補足しますが、
インピーダンスを8Ωから4Ωへ落とすことで、
アンプの出力は倍得られることになるんです。

インピーダンスの意味を知らないユーザーは、
見かけで高出力アンプと思わされる訳です。

 

最近発売されたスピーカーシステムが、
以前に多かった8Ωインピーダンスから、
6Ωや4Ωへと変化した理由が分かりましたか?

 

スピーカー音圧レベルとアンプの出力の面白い話

 

 

今度はスピーカーのカタログ仕様表で、
出力音圧レベルに注目して下さい。

「87dB(デシベル)」などと
表記されているところです。

 

オーディオ全盛期の音圧レベルは、
90dBくらいが標準でした。

で、これ以上高いものは音圧レベルが高い、
低いものは音圧レベルが低い、と呼びます。

 

近年のスピーカーシステムは、
狭い住宅事情のほかコストダウンの影響で、

ウーハーが8㎝から13㎝程度の
小型ブックシェルフが人気です。

 

また、これらモデルの音圧レベルを見ると、
基準の90dBを下回るものが多いです。

音圧レベルもインピーダンスと同様で、
アンプの出力に大きく影響します。

 

音圧レベルが高いほど、
スピーカーから出る音量が大きくなり、

その分アンプの負担は少なくなって、
出力も小さくて済みます。

 

逆に音圧レベルが低いと、
スピーカーからの音量が小さくなり、

大きくしようとすれば、アンプの
負担が増えて大きな出力が必要に。

 

仮に87dBのスピーカーを10Wのアンプに繋ぎ、
音量不足を感じるのなら、

90dBのスピーカーと組めば、このアンプは
倍の20Wを出力することになるんです。

 

わずか3dB音圧を高くするだけで、
アンプの出力が倍になるのは凄いですよね。

 

話は戻りますが、
最近の小型ブックシェルフスピーカーは、
音圧レベルが90dBを下回るものが多いです。

これではアンプの負担が増えてしまうのに、
なぜ音圧レベルを低くするのでしょうか?

 

理由は、そのスピーカーシステムの
大きさに由来するんです。

 

スピーカーシステムを小型化するには、
まずユニットを小さくする必要があります。

でもそうしてしまう結果、
低音域の再生能力が低下します。

 

つまり低音が出にくくなると言うこと。

それを補うために、
バスレフ構造を取ったりしますが、
これには限界があります。

 

他にできることと言えば、
音圧レベルを落として、
低音の再生能率を上げること。

 

音圧レベルをわずか3dBほど落とすことで、
低音の再生能力を、幾分
向上させることが可能になるんです。

でも、その弊害で全体の音圧が下がり、
音量も小さくなります。

 

だからこそ前項でお話した、
インピーダンスを6Ωや4Ωにして
アンプのパワーを上げるんですね。

 

オーディオメーカーとしては、
大型スピーカーを開発するよりも、むしろ

小型スピーカーを開発する方が難しいことを、
あなたはお分かりになったでしょうか。

 

とは言え、メーカー開発者がいくら工夫しても、
スピーカーの聞こえ方は人によって違います。

スピーカー単体での低音再生に不満を感じたら、
サブウーファーを追加して補いましょう。




 

まとめ:スピーカーを選ぶ際はインピーダンスや音圧レベルに注目して!

 

いかがでしたか。

 

オーディオコンポをお金を掛けないで
バラバラのメーカーで揃えたい場合は、

スピーカーのインピーダンスや
音圧レベルにも注目しましょう。

 

適当にモデルを選んでしまうと、
場合によって音量不足に悩まされ、
アンプの出力不足を感じてしまいます。

 

そのためにスピーカーは、
8Ω以下のインピーダンスのもので、

音圧は87dB以上のものを選ぶことが、
パワー不足(音量不足)にならない秘訣です。

 

これをクリアできれば、
数Wの出力の真空管アンプを使っても、
音量に不満なく音楽を楽しめますよ。

 

なお、
スピーカーインピーダンスや音圧レベルが、

音質そのものに影響することはないので、
その点は安心して下さいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください