『Technics(テクニクス) OTTAVA f SC-C70』レビュー評価:ハイレゾも再生でき音質を極めたが、CD機能も充実!

パナソニックから誕生した、音質を極めたモデルを
レビュー評価してみたいと思います。

一体型コンポの
「Technics OTTAVA f SC-C70」
が、それ。

 

製品名に “Technics(テクニクス)” と言う、古くからの
オーディオファンがうなずくブランド名を与えたことで、
パナソニックの力の入れようが伺えますね。

多くのミニコンポを上回る価格を付けた、
このオールインワン・コンポ。

 

いったい、このモデルの
魅力はどこにあるのでしょうか?




 

SC-C70はデジタル時代の製品でも、従来のCD機能などが充実

 

最近は、音楽ソースをパソコンやスマホなどを使い、
ダウンロード購入することが多くなりました。

そのため、特に若い世代を中心に、
CDを所有する人が減りつつあると言われています。

 

またラジオもFM/AMを含め、アプリで聴くことが主流で、
チューナーもあまり使われない傾向にあるようですね。

しかし、このSC-C70はあえて
CDデッキ部やチューナーにもコストを掛け、
しっかり高性能なものを搭載しています。

 

なぜなのでしょうか?

 

その理由は、この製品の購入層を多数CDを所有している、
ベテランオーディオファンに絞っているからなんです。

やれハイレゾなどと、とやかく言っていても、
音にこだわる彼らが好むソースはCDやレコードが中心。

 

オーディオを気軽に楽しむのではなく、
しっかり聞き込んで楽しむ人達なのです。

この点に注目して、パナソニックの技術者は、
生半可な製品にしたくはなかったのですね。

 

アメリカを中心に、CDプレーヤーを排除した
オーディオ製品が出回りつつありますが、
パナソニックはあえてそうはしませんでした。

 

SC-C70はどんな音質?レビューで探る

 

SC-C70は、標準的なオーディオコンポのサイズ。

幅450mm X 高さ143mmの中にぎっしり、
高音質のメカニズムが詰め込まれています。

 

80mmのウーファーに20mmのツイーターの2ウェイ構成で、
底面に重低音域を担当する120mmのサブウーファーを搭載。

背面にあるロングサイズのバスレフダクトと共に、
豊かな低音再生に貢献しています。

 

ではここで、メーカー提供の動画で、
SC-C70の商品概要を目で確かめてみましょう。

 

次に、実際にどんな音を奏でるのか・使い心地はどうか、
すでに愛用中のユーザーレビューで探りたいと思います。

 

★「CDはふたを横にずらして、アナログレコードのようにセットする儀式が必要。動作音も高級機と同じ静かさなのは特筆ものだ。本体もリモコンも、アルミトップパネルで高級感がある。音質はノイズが少なく、デジタルアンプを感じさせない。低域は、十分な音圧と質感を持って再生される。小音量からでも一般家庭で聴く音量の範囲内では、破断なくウェルバランスだ。」

★「低音がBOSEのように主張過ぎず、重みと張りがある。毎日ではなく少し日数を置いて聴くと、そのきめの細やかな音の良さが伝わって来る。アプリを利用して、聴く環境を自動測定できるが、少し派手になり過ぎるきらいがある。悪くはないが、私はそのまま普通にWALL(壁の近くに本体を置く)環境で使っている。」

★「かなり高額な商品ではあるが、ドンドンジャラジャラの今風の音に少し物足りなさを感じる。中音域の設定はあるが、あまり効果がないことが残念。しかし設置場所次第で音がガラリと変わるので、とても真面目な製品だということが伺える。」

★「久しぶりに、FMで音楽を聴く時間が増えた。さすがにクラシックや古いジャズは、システムオーディオに軍配が上がるが、ポップス系の音楽はこれの方が良い気がする。」

 

SC-C70は一体型オーディオだが、ベテラン好みの作りに特徴

 

本機を評価すると、妥協のない音質を追求しただけでなく、
高級感のある作りを演出した製品になっていると思います。

 

CDを再生する時は、BOSEの製品のように
スロットインタイプではなく、天板のふたをスライドさせ、
手動でディスクをセットする方式を採用。

面倒ですが、レコードをセットするかの感覚を味わえるし、
再生中はディスクの回転する様子が見えるのもニクい演出です。

スロットイン方式のように、ディスクが
引っかかるトラブルが起きにくいのもメリットですね。

 

また本体の底には、サブウーファーが
床に向けて取り付けられています。

そのため、本体を置く床によって、
少なからず音の影響を受けることになるでしょう。

 

なので、床と本体との間に、しっかりと硬くて重い
オーディオボードをかませることにより、
強じんな低音再生ができるのでおすすめです。

 

それからもちろん、Wi-FiやBluetoothなど
ワイヤレス接続機能もちゃんと装備され、気軽に
音楽を聴きたい派の人にも不満はないハズです。

新機種だけありパソコンとつないで、
容易にハイレゾ音源を再生することだって
もちろんできますよ。

 

とは言えこの製品は、良い音に浸り使い心地にもこだわる、
CD収集派の人が使ってこそ真価が発揮される、
一体型オーディオと言って良いのではないでしょうか。

 

2
または
3

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください