『ONKYO TX-8150』レビュー:人気ネットワークステレオレシーバーの音質とは?

 

先進機能がオールインワンのネットワークステレオレシーバー
「ONKYO TX-8150」をレビューしましょう。

 

WiFiやBluetoothを搭載、先進のワイヤレスに対応し、
話題の高音質ハイレゾを楽しめる製品となっていますね。

 

もちろん、多彩なインターネットラジオも
聴くことが可能です。

100W+100Wの強力なパワーアンプを内蔵しているので、
一般のプリメインアンプとしても高い評価ができる製品。




 

と言うことで、
すでに愛用しているユーザーの皆さんの声を参考に、
TX-8150の魅力を検証してみましょう。

 

★「びっくり。この価格でこの音・操作性・この拡張性。これは良い。リモコンの操作性は悪いと言われるが、スマホで操作することを前提と考えれば何の問題もない。音質は、ハッキリ・クッキリ。曇りなく輪郭の良いサウンドだ。艶や色気はないが、ハイレゾは綺麗に再生する。」

★「レスポンスの悪さが欠点だが、あとは文句がない。同社のCR-Nシリーズと比べると、明らかに格上の音を出す。フルサイズコンポなので、パワーの差は歴然とある。日本語表示ができてレスポンス改善がなされれば、万人向きのおすすめ機種だ。」

★「ネットもBluetoothもすぐにつながり、立ち上がりは簡単だった。インターネットラジオも適当にやってつながったので、何が受信できるかこれから楽しみだ。Bluetoothは電源投入後、Readyになる前に接続すると音が出ないようだ。Readyになるまで時間が掛かるので、これはちょっとマイナスのイメージだ。」

★「スピーカーは、DARI ZENSOL5との接続だがとても満足している。スピーカーとの相性もあるかも知れないが、とても低音が豊かだ。パワーも充分にある。」

 

では、あれこれ述べてみます。

 

ここ数年前から人気のネットワークレシーバーで、
ワイヤレス操作が非常にやりやすい製品になっています。

直接本体やリモコンで操作するよりも、スマホを使った方が
明らかに操作性が高いと言えるでしょう。

 

ハイレゾ音源は、パソコンとUSBケーブルでつながなくても、
USBメモリーを使って入力できますから、
パソコンの近くにレシーバーが置けなくても大丈夫。

PCオーディオをあまり意識しなくても、気軽に
ハイレゾサウンドを楽しめるのがメリットですね。

 

また、そもそも一般のプリメインアンプとしても高性能であり、
低音から高音までクリアでしっかりしたサウンドを再生する
レシーバーアンプと評価できます。

特にクセのある音ではないので、誰にでも
おすすめできる万人向けの製品ではないでしょうか。

 

ネットワークを使わなければ、少し使いにくいアンプとなってしまいますが、
WiFiを使うことで、ゴキゲンなレシーバーになること間違いなしです。

 

2
または
3

 

 

 

※この記事を読んだ方には、この商品もおすすめです

⇒ SONY MAP-S1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください