『ヤマハ フロア型スピーカー NS-F210』レビュー:音質は中低音にキレを感じさせるもの!

キレのある中低域を再生するフロア型スピーカー
「ヤマハ NS-F210」をレビューします。

 

省スペース性に優れ、設置場所を選ばない
コンパクトなキャビネットで人気のスピーカーシステム。

元々は5.1cHホームシアター用に開発された製品ですが、
その実力を確かめるべくユーザーの皆さんのレビューを基に、
その魅力を探ってみたいと思います。




 

★「このスピーカーをつないだ時は、こんな細いボディから良くこんな重低音が出るものだと思った。当たり前だが、テレビのスピーカーとは雲泥の差だ。良い音をしている。省スペースなので、狭い場所にも設置できる。」

★「クセがなく低音から高音まで明瞭で、キレ良く再生してくれる。低音はやや不足しているが、バスブーストしない方が性能を発揮できると思う。それでも低音不足が気になる人は、サブウーファーを追加すると良いだろう。」

★「商品は非常に良いが、説明をよく読まないとダメだった。1ペアだと思ったら、1台しか届かなくてビックリ。」

★「音は中高音はクリアで、音が割れたり、キンキン鳴るような感じはしない。低音もほど良い感じだ。重低音を無理に出すと、段ボールをポンと叩くような音になる。通常の映画やロックではこのままで十分。サブウーファーはいらない感じだ。」

 

では、検証してみましょう。

 

今風のトールボーイデザインで、
スタイリッシュな上に場所を取りません。

 

音質はヤマハの伝統的な音に近く、
ガンガン鳴るタイプではないが

芯がしっかりしていると言う感じです。

 

見た目より中低域の力強さがあるので、
ドンシャリ感にこだわらなければ、

敢えてサブウーファーを追加する
必要はないのではないかと思います。

 

メーカーの詳細によると、この製品はテレビに
悪影響を与えないための防磁化対策をしていません。

そのため、マグネットの大型化を可能にし、
中低域の充実が実現できたのでしょう。

 

スリムなタイプのモデルが欲しいのだけれど、
できるだけ迫力を犠牲にしたくない人に

おすすめのスピーカーと言えるでしょうね。

 

2
または
3ブラウン
3ブラック

 

 

 

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおすすめです

⇒ ONKYO D-309E

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください