『ケンウッド LS-NA7』レビュー:ハイレゾ対応スピーカーの音を評価すると?

小型ながらハイレゾ対応スピーカー
「ケンウッド LS-NA7」の音質を、
レビューで評価してみたいと思います。

 

デスクトップに相応しい小型サイズながら、
ハイレゾ再生に対応するスピーカーシステム。

バスレフ構造を基本としながら、密閉型のように
キレの良い低音を再現する “ダンプドバスレフ型”
を採用しているのが特徴です。

 

そのため、豊かながら一方で自然で歪みの少ない
低音再生を可能にしたモデルになっています。

のエンクロージャー(キャビネット)は、
MDF製の補強材をしっかり入れて強度を高め、
サイズを超えた響きを奏でると言います。

 

では、実際の音質はどんなものでしょうか?




 

すでに使いこなしているユーザーの
皆さんの声を参考に、検証しましょう。

 

★「小さなボディのモデルが欲しくてアクティブスピーカーも考えたが、やはり音質にはこだわりたいと考え直し、このブックシェルフに決めた。音色は明るめで、低音はそれなりに出ていると感じる。本体のエージングと自分の耳慣れで、どのように音が変化するか楽しみだ。」

★「この小さなサイズでこの音なら、不満はない。高音が明瞭で、非常に澄んでいて気持ちが良い。低音も、小型スピーカーにありがちな無理して出している感じがなく、素直にパソコンの音楽を再生する。」

★「サイズの割に低音が出ていてビックリした。しかし、高音域がイマイチ。管楽器などが良く響かない。このサイズに私が求めるのは、低音ではなく豊かな中高音なのだが、このスピーカーにはそれを期待することができなかった。」

★「アンプ(ケンウッドKA-NA7)とセットで購入。それほどこだわりはないのだが、音質はそこそこと言ったところ。デスクトップ上ではギリギリで置けるサイズ。」

 

このスピーカーシステムの音の特徴は、
わずか8㎝ウーファーながら、

大きさ以上の低音再生ができるところにありますね。

 

全体的なバランスも、中低音域に寄っています。

この傾向の音が好きな人には、
持って来いのスピーカーと言えるでしょう。

 

ただ、小さいスピーカーには、小さいスピーカー
なりの音があると考える人もいます。

そんな人は、中高音域にバランスが
寄った音を求めることでしょうね。

 

このあたりは、このスピーカーの良し悪しではなく、
あくまで好き嫌いで評価が分かれるものだと思います。

そう言ったことで迫力よりも繊細さを重視するのなら、
他のモデルを考慮した方が良いのかも知れません。

 

ただ誤解のないように述べますが、このLS-NA7が
決して高音不足だと言う訳ではありません。

ソフトドームのツイーターは、40kHzまで再生可能な
ハイレゾ対応ですから、十分に高音も再現できるのですが、
ドンシャリしたきらびやかさは控えた音質なのです。

 

デスクトップオーディオでも、たっぷり
低音が欲しいとサブウーファーを追加する人もいますが、
それにはスペースも余分に必要です。

あまりスペースを取らずとも、できるだけ低音を伸ばしたいと
思うのであれば、本機を選ぶのも良いのではないでしょうか。

 

アンプも、同時に開発された同じケンウッドの
KA-NA7を組み合わせれば見た目も良いし、相性の良い
聴きやすいサウンドが楽しめるのではと思います。

 

2


または

3


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください