『パイオニア SX-S30』レビュー:クラスDアンプの音質が評判のネットワークレシーバー!

 

テレビの音をもっと豊かに、
そしてオーディオ製品としても、

良い音で楽しみたいとAVシステムの
構築を考えている方も多いと思います。

 

でも多機能な5.1chなどのAVアンプじゃなく、
シンプルに2chや2.1chで十分と言う
あなたもいることでしょう。

あなたがもしそうなら、スリムな
ネットワークレシーバーはいかがですか?

 

「パイオニア SX-S30」なら、
簡易編成でテレビの音やCDの音楽なども
一緒に高音質で楽しむことができますよ。

 

今回はこのSX-S30をユーザーレビューを基に、
その音質や評判ぶりを検証してみましょう。




 

パイオニア SX-S30はシンプルな構成でAVを楽しめるネットワークレシーバー

 

 

ビデオやゲームなどを高音質で楽しむため、
AVアンプ中心のホームシアターシステムを
組んでいる方がいますよね?

 

でも、前後・中央・そして場合により
天井までスピーカーを設置して、

臨場感ある音場を再現できる反面、
大きな部屋が必要だったり接続も面倒です。

 

そこまで大げさでなくて、
2chピュアオーディオを楽しんだり

テレビを高音質で視聴できれば
それで満足と言う需要も結構あるんです。

 

そこでAVアンプではなくて、
AVレシーバーとして生まれたのが
SX-S30と言う訳なんです。

本機を中心にテレビとスピーカー、あと
ブルーレイなどDVDプレーヤーをつなげば、
これで立派なホームシアターができますよ。

 

何と言っても一番の特長は、
本機にARC(Audio Return Channel)機能が
搭載されていること。

 

同じくARCがあるテレビと組み合わせれば、
HDMIケーブルで電源のON/OFFや音量調整が、
テレビのリモコンで操作できるんです。

これは便利ですよね。

 

テレビを消したままで
オーディオコンポとして使う時は、

テレビリモコンを用いずに
SX-S30のリモコンで機器を制御します。

 

スリムなボディには、Wi-Fiや
Bluetooth機能・FMチューナーを内蔵して、

ネットラジオやFMラジオ、
そしてスマホ音源も楽しめます。

 

前面パネルにはUSB端子もあるので、
USBメモリーを使いMP3で
音を再生することもできるんです。

デジタル入力も同軸と光の2系統があり、
CDプレーヤーとデジタル接続も可能。

しかもフォノ入力端子も装備していて、
レコードプレーヤーをつなぐこともOK。

 

幅は435㎜とフルサイズコンポと同じながら、
高さは78㎜しかなく薄いので、
AVラックの中で目立たない存在になります。

 

それでいてアナログアンプのように、
バス・トレブルの音質調整ツマミがあるし、

サブウーファー端子もあるので、
必要に応じサブウーファーがつなげます。

 

つまり2.1chになると言うことですね。

サブウーファー用のイコライザー機能で、
重低音の出方もコントロールできます。

 

このように機能は満載でも
重量はたった4㎏しかなく、
アンプはクラスDプリメインを搭載。

出力は85W+85W(20Hz~20kHz 4Ω時)あり、
重量級モデルにパワーで負けていません。

 

では、実際の音質や使い勝手は
どんなものでしょうか。

ユーザーの皆さんのレビューから、
評判のほどを確かめてみましょう。

 

その後で、私が本機の評価をして
まとめてみたいと思います。

 

パイオニア SX-S30のユーザーレビュー

 

★「良くも悪くもオーソドックスなスタイルだ。操作性としてはアプリがメインになるが、改善の余地がある。例えばradikoを聴く時、radikoアプリのような番組表が表示されるともっと選曲しやすいと思う。同じパイオニアのコンポX-Z9からの買い替えで、スピーカーはそのまま使っている。高音低音のバランスも良く、聴いていて疲れない。総評として機能と音質を考えると、コストパフォーマンスは高い。スピーカーを置く場所があれば、サウンドバーよりもこちらをおすすめする。」

★「十年前に購入したBoseのミニコンポ、AMS-1のレシーバーがお亡くなりになったので、生き残ったSPシステムAM-5Ⅲを再利用する為購入した。設定するのにTVが必要なのは計算外だったが、MCACCの音場自動設定は秀逸だ。昔のスピーカーが甦り、以前よりはるかに良い音になったと思う。CDとFMを鳴らした感じではパワフルでクリアな音で、ジャズもクラシックも力強く、各楽器の音がハッキリとして明るくなったと思う。ネットワーク関係はBT以外は使っていないが、機能満載で使いこなす迄には時間が掛かりそう。」

★「Chomecast built-inが不安定だ。Amazon Music Unlimitedアプリ上からキャストを選んでも直ぐには切り替わらず、10秒~30秒くらいスマホ上で音楽が鳴った後、5秒~10秒くらい音楽がとまり、ようやくSX-S30に切り替わったと思ったら音切れしながら音楽が始まり、やがて安定する。最近のアップデートでマシになったのだが、相変わらずこんな調子で使いづらい。またテレビとつなぐと電源ON/OFFに連動して本機の電源もON/OFFできるが、この動作がいまいちだ。テレビの電源をつける→SX-S30の電源がつくまでは良いのだが、そのあとテレビの表示がSX-S30につながっているHDMIに勝手に切り替わる。当方のテレビは、テレビのリモコンのチャンネルボタンを押すと、テレビの電源が入ると同時にチャンネルがそのチャンネルになる機能があるが、勝手にHDMIに変わってしまうのでうっとうしい。」

★「HDMI端子でテレビとブルーレイレコーダーと、5.1チャンネルアンプで使っていたが、スピーカーを変えても良い音にならないので、このアンプに替えてみた。音が格段に良くなった。テレビの音声も聞き取りやすい。勿論音楽もバッチリで、久しぶりにCDや音楽DVDで感動した。」

 

パイオニア SX-S30の評価

 

SX-S30はネットワークレシーバーなので、
FMやネットラジオが聴けたり、
デジタル入力でCDを楽しめたりします。

またこの手の製品としては、
珍しいフォノイコライザーを内蔵しており、
レコードプレーヤーの音源も入力可能です。

 

Bluetooth機能もあったりで、
十分に本機単体でも
オーディオコンポとして活躍します。

ですがやはり最大の魅力はARC機能で、
テレビと電源が同調することでしょう。

 

普通にオーディオコンポとして使える上に、
テレビの音声とも同調できるのは、

ホームシアターにあまり興味のない方も
魅力を感じるに違いありません。

 

逆に言えばAVレシーバーとして使って、
初めて本来の実力を発揮できる製品です。

あなたがテレビの音に不満があって、
サウンドバーの購入を検討しているなら、
ぜひ本機も候補に入れると良いでしょう。

 

クラスDアンプを搭載し、
小型軽量でも高出力が出せるので、

比較的大型のスピーカーでも、
難なく駆動できると思います。

 

ただあなたが、全くテレビとつなぐ
予定はないと言うのであれば話は別。

よりアンプに製造コストを費やした
別のネットワークレシーバーを選んだ方が、
長い目で見れば不満がないかも知れません。

 

2chオーディオコンポと
ホームシアターを両立したい方は、

注目したいAVレシーバーとも
呼べることでしょう。

 

2


または

3

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください