『Pioneer S-A4SPT-VP』レビュー:洋酒の樽材を使ったピュアモルトスピーカーの音質を評価した!

 

洋酒の樽材をエンクロージャーに使用した、
緻密な音を奏でるピュアモルトスピーカー

「Pioneer(パイオニア) S-A4SPT-VP」
の音質を、ユーザーレビューで評価してみたいと思います。

 

サントリーウィスキーの醸造材料を利用して話題になり、
最新のスピーカーにはない深い味わいを醸し出すと
評判になっている2ウェイスピーカーシステムですね。




 

では、もうずっと愛用しているユーザーの皆さんの
レビューを元に、S-A4SPT-VPの魅力を探ってみましょう。

 

★「低音をボンボン鳴らすスピーカーではないが、今まで聴こえて来なかった音を再生してくれることに驚いた。アンプはSHARPのSM-SX10を使用しているが、アンプの特性を素直に出すので、アンプを変えただけで音が大きく変わる。」

★「小型なのにずっしり重く、素材の良さ・作りの良さを感じ、出て来る音も地味ながら艶っぽくしっとりとしている。高音は艶があるものの、鋭さはなくて耳に優しい。中音はややこもった感じもするが、しっとりしている。低音は見た目より良く出るが、ややぼやけている。自分としては満足。」

★「エイジングに時間が掛かり、個性の強いスピーカーだ。曲によって得手不得手がある。ボーカルが遠く、高音がかなり奥にある。中音がその手前。低音が前面に出て、全体的にはこもった感じだ。」

★「サントリーのウイスキー樽を使っているので、何となくふくよかなウィスキーの良い香りがするのが嬉しい。エイジングはまだ完全にできていないが、このサイズにしては高中低音そこそこ出ていると思う。決してガンガン鳴るタイプではなく、落ち着いて聴ける感じだ。大人しめだが、解像度・分解度もありそうだ。」

 

では、色々と語ってみます。

 

冒頭にも記述した通り、ウィスキーの樽材を使用して、
緻密な音作りを目指したスピーカー。

新品を箱から取り出すと、ほんのり
ウィスキーの香りがするのがオシャレな感じですね。

 

全体的には、落ち着いたじっくり聴き込むタイプの音なので、
大音量でガンガン鳴らすのではなく、小編成のジャズや
クラシックのようなジャンルが合うスピーカーだと思います。

 

ウーファーは100㎜口径と小さいので、低音が
タップリ出るタイプではないですが、高音から
低音までのバランスは良い方だと言えるでしょう。

一部で低音が出過ぎと言うレビューがありますが、
アンプの音質特性が素直に出る傾向があるので、
そのせいかも知れませんね。

 

この製品は販売開始後10年近く経っており、
最新のオーディオ製品ではないですが、ロングセラーに

なっているのは、飽きの来ないしっとりした音質が
ファンに好まれ続けている証拠なのではと思います。

 

突出した特徴がない代わりに、流行にとらわれない
製品を求める人におすすめのスピーカーです。

 

※S-A4SPT-VPは、S-PM30に販売を変更しました。
↓      ↓     ↓     ↓     ↓

2
または
3

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください