『YAMAHA CD-N301』レビュー:音質も良いがハイレゾにも対応するなど、機能が豊富なネットワークCDプレーヤー!

 

ハイレゾにも対応するネットワークCDプレーヤー
「YAMAHA CD-N301」
をレビューして、音質を評価してみたいと思います。

 

パッと見は普通のCDプレーヤーでありながら、
ワイヤレス再生やネットラジオも聴ける機能が付き、
価格の割に高機能な製品ですね。

数々の機能を薄型のボディに詰めたこの製品、
魅力はどれほどあるのでしょうか?




 

すでに愛用しているユーザーの皆さんの
レビューを参考に、CD-N301を検証してみましょう。

 

★「パソコンやスマホでもネットラジオは聴けるが、ちゃんとアンプ・スピーカーにつないで聴きたいのならこれは良い。これならいつでも好きなジャンルが聴き放題だ。音質はFMラジオの方が好きだが、ネットも悪くない。スマホやMP3やら、サーバーとしておけば聴けるし、Bluetoothより安定している。LANケーブルが引けるなら、普通のCDプレーヤーよりこちらをおすすめする。」

★「N301の音は、繊細でキレイで高音が突き刺さることもない。良い意味で低音がドーンと出過ぎず、中音も出しゃばらない。フラットな音と言う感じだ。ボーカルもキレイだ。」

★「インターネットラジオは好みの局をプリセットできるが、パソコン上での操作が必要なため、まだやっていない。デノンのように、リモコンのみで簡単にプリセットすることはできない。リモコン操作は難しいプレーヤーだ。」

★「AirPlay対応で、CDも聴けて便利。もちろん付属リモコンでもOK。高級機で人気のバーブラウン製のDAC搭載なので、高級機のDACと同じような音質でiTunesが楽しめる。値段は安いが、便利で高音質な逸品だと思う。」

 

さて、いかがでしょうか。

 

このCD-N301は、”ネットワーク” を売り物にしていますが、
基本はCDプレーヤーと言えると思います。

そもそもCDプレーヤー部の性能が優秀で、
ヤマハらしい伝統の音質を引き継いでいますからね。

低音から高音までフラットで、
すっきりとした歪みのない音質でCDを再生するのです。

 

ワイヤレスでスマホの音源もスムーズに再生できるし、
LANケーブルをつながないといけないのが億劫ですが、
ネットラジオも視聴できるのはなかなかのもの。

それでも、やはりCDプレーヤーとして、他の機能を
上回る性能と音質を持っていることを評価したいです。

 

同価格帯で、DENONのDCD-755RESP
良い勝負ができそうですね。

 

ダイナミックさではDCD-755RESPの方が上を行きますが、
出しゃばらないフラットな音が好きで、
ネットワーク機能もあった方が良いと考える人には、
CD-N301をおすすめしたいと思います。

 

2


または

3

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください