『パイオニア N-30AE』レビュー評価:外付けHDDが使えるネットワークプレーヤーの音質とは?

すでにオーディオコンポを
一式持っているんだけど、

ネットワークミュージックも新たに
楽しんでみたい方もいることでしょう。

 

そんな場合は、
ネットワークオーディオプレーヤー
を追加することで実現します。

 

家庭にWi-Fi環境が用意されていれば
ネットラジオやradikoを楽しめるし、

PCやスマホに溜めた音源を
再生することも可能になるんです。

 

あらゆるネットワークプレーヤーでも、
こちらのモデルが今人気。

 

それは
「パイオニア N-30AE」です。

 

今回はN-30AEの魅力に付いて
ユーザーレビューを参考に検証し、
評価してみることにしましょう。




 

パイオニア N-30AEの特徴と魅力

 

現代の若い人達は、スマホを介して、
ネットワークミュージックを楽しむのが
当たり前になっていますよね。

 

スマホだとイヤホンで聴くのが中心なので、
それをスピーカーで楽しもうとするなら

ネットワークレシーバーを核とする
ミニコンポを揃えるのが1つの方法です。

 

しかし、すでにコンポを持っている方には、
改めて一式揃えるのはちょっと酷ですね。

設置場所の問題もあるし、
できるなら今ある機材を生かしたい
と思うのではないでしょうか。

 

そんな場合には、N-30AE
1台追加すれば解決する訳です。

 

スマホや家庭のWiFiを活用して
ワイヤレスで音楽を楽しめるのはもちろん、

USBを使った有線でネットワークを結べば
DSD11.2MHzまでのハイレゾ再生ができますよ。

 

またパネル背面にあるUSB端子には
外付けHDDをつなぐことができるので、

ここにハイレゾを含む音源を溜めて
再生させることも可能です。

 

ハイレゾ音源は今までPCを使って
ダウンロード購入するのが普通でしたが

本機は「e-onkyo music」サイトから
スマホでダウンロード購入できます。

 

下の動画を見て、
そのイメージを掴んでみて下さい。

 

 

PCを使った方法よりもシンプルに
ハイレゾ音源を手に入れられることが
お分かりになったでしょうか。

これまで使っていたアナログコンポを生かし
PCオーディオを構築できるなんて、
なかなか凄いことだと思いませんか?

 

では気になる音質や使い勝手は
どれほどのものでしょうか。

すでに愛用しているユーザーの皆さんの
レビューをネット上から集めてみました。

 

これらを見て確かめてみましょう。

その後に、私が本機の
評価をしたいと思います。

 

パイオニア N-30AEのユーザーレビュー

 

★「ローカルのFM局をTUNEINで聴くのを目的に購入したが、LAN経由やUSBの音が想像以上に良かった。昔のハイエンドCDプレーヤーと極端な差は感じられない。DSDも11.2MHzまで対応している。購入当初、5.6Mでの再生で音がとぎれとぎれだったが、アップデートで解消された。LCDで日本語表示で確認できるのがありがたい。スマホアプリでの操作表示もとても便利だ。AM放送をradikoで聴いたり、海外のインターネットradioを聴いたり、ハイレゾを聴いたりと楽しみが広がった。」

★「アナログ出力しかないので、アナログでDENONのPMA-800NEにつないで、DALIのスピーカーで聴いている。PIONEERの無味乾燥の音(解像度はいい)と、DENON-DALIの低音が出る組み合わせはなかなか良いと感じている。本体ではほとんど操作することはないが、リモコンも使いやすい。主にネットワークラジオとUSBを使う。対応フォーマットなど充実していて不足はない。非常にコスパの良い製品だと思う。」

★「同軸Digital Outがないため、DENON PMA-100とスピーカーはJBL S3500で聴いたが、故障して使えなくなったパイオニアN-30のDigital Outと比べて、音質は低下しているように思う。当たり前かもしれないが、音場も狭く低音から高音までほどほど出ているにも関わらず、各楽器の分離が悪く、立体感や臨場感は少なめだ。ボヤーとした感じで音の艶がない。例えばムターのヴァイオリン協奏曲を聴くと、ヴァイオリンとオケの音が混ざってしまい、どこにムターは居るの?といった感じだ。・・・大げさにいえば。クラシックにはどうかと思う。」

★「音質は高級機には及ばないが、MP3やAAC等の圧縮音源を再生するには十分なクオリティだ。WiFiでタブレットやパソコンとの連動、リアUSBにSSDを接続再生、ネットラジオの再生と使いたい機能は大体備えている。他社のネットワークプレーヤーは液晶画面にアルバムアートの表示が出来る物が少なく、この機種であればその辺りも問題なく表示できるので、視覚的にわかりやすくとても良い点だと思った。リモコン操作してからの反応が少々遅いのが難点だが、我慢できるレベルだ。」

 

パイオニア N-30AEの評価

 

N-30AEは冒頭に述べたように、すでに
一式オーディオコンポを持っていて、

更にネットラジオやradikoを聴きたい方に
打って付けのネットワークプレーヤーです。

 

またPCやスマホでダウンロードした音源を、
別途購入の外付けHDDに次々と溜めて行けば、
長時間の音楽再生も可能になります。

 

気軽にネットワークミュージックを
楽しみたい方には嬉しいモデルですね。

ただ1つ残念なのは、旧モデルである
N-30にあったデジタル出力端子が廃止され、
RCAアナログ出力のみになったことです。

 

そのためユーザーが自分で用意した
お気に入りのDACをつなぐことができず

音の変化を味わうと言う楽しみが
なくなってしまいました。

 

そのせいではないかも知れませんが、
N-30AEのカバーを外すとあらビックリ!

中身がスカスカなんですね。

 


出典:manehadame さん

 

いくらデジタル製品だから
中身が整理されているんだとは言っても、
少しガッカリ感が漂ってしまいますね。

 

まぁそれでも本機に内蔵されているDACは
決して安物ではないので、

音質はパイオニアらしい、すっきりと
クールなサウンドを奏でてくれますよ。

 

音に失望してしまう
なんてことはありません。

デジタルネットワークプレーヤーは
各メーカー種類が少ないので、
本機も貴重な1台と言えるでしょう。

 

もしあなたがまだコンポをお持ちでなく、
初めてネットワークコンポを購入するなら、

同じパイオニアのX-HM76
候補に入れても良いと思います。

 

ネットワークオーディオが可能な
ミニコンポは各メーカー多種あります。

しかし、X-HM76が他モデルと違うのは、
N-30AEと同じように外付けHDDが使える
メリットがあるのです。

 

X-HM76もスマホを通じ、e-onkyo musicから
ハイレゾ音源をダウンロードできるので

外付けHDDがあればどんどん
音源を溜めることができます。

 

話が少しそれてしまいましたが、既存の
コンポを生かしPCオーディオを構築するなら、
N-30AEは良い活躍をしてくれることでしょう。

 

2


または

3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください