『TEAC AD-RW950』レビュー評価:国内メーカー唯一のCDレコーダー/カセットデッキ

 

録りためたカセットテープや、アナログレコードの音源を
CD-R/CD-RWに録音できるCDレコーダー/カセットデッキ

「TEAC AD-RW950」
を、レビューで評価してみましょう。

 

オーディオアンプを介さず、直接レコードプレーヤーから
アナログ音源を入力でき、デジタル化させることが可能。

またパソコンでは不可能な曲間なしの連続録音ができ、
カーオーディオで曲間ギャップレス演奏を楽しめますね。




 

では、実際に使っているユーザーの皆さんのレビューを基に、
AD-RW950の魅力を探って行きたいと思います。

 

★「カセットテープを使いたくて購入した。性能を追求してもキリがないので、この程度で十分かと思っている。ただリモコンのボタンがあり過ぎて使いづらい。」

★「長年使用していたパイオニアのCDレコーダーが不調になり、思い切って購入。レコードのCD化に使用しているが、本機はカセットのダビング機能も付いている。カセットはあまり期待していなかったが、これが実に快適。過去のカセットを重点にCD化している。それにパイオニアと比べファイナライズが極端に短く、4分強掛かっていたものが1分強になった。良い買い物をした。」

★「価格は手頃だし、音質も良いと思う。しかし、カセットテープの巻き戻しや早送りはとにかく遅い。またカセットデッキ側に照明がないため、高級感に欠けるのは無論のこと、どこまで巻き戻したか全く分からない。」

★「カセットデッキ付機種の業務用がなくなって探していた。双方向ダビングも思ったより安易だった。」

 

では、検証に移ります。

 

デジタル媒体でも、MDはなくなってしまいましたが、
それよりもっと古いカセットテープは今でも健在です。

カセットテープが一般的だった時代が長かったこともあり、
資産が残ったままの方も多いことでしょう。

 

それを理解してか、唯一カセットデッキを現在でも
生産するティアックの姿勢に頭が下がる気がしますね。

 

高音質を保ったまま、CDにダビングできる製品は、
世界でもティアックだけなのでは?

フォノイコライザーのないレコードプレーヤーも、直性
接続できるのも、同社ならではのアイデアだと思います。

 

カセットテープへのダビング機能がシンプル過ぎるのが
少し残念ですが、恐らくカセットで音源を残すユーザーは
少ないだろうと言う考えからなのでしょうね。

 

それよりも残念なのが、せっかくMP3ファイルが使えるのに
USBコネクターがなく、USBメモリーが使えないことでしょう。

これが使えたのなら、本当に優れた
レコーダーになったのではないでしょうか。

 

しかし、総合的な評価としては最新ではなくとも
貴重な製品として、カセットテープの需要がある限り、
ティアックには頑張ってほしいものだと思います。

 

※AD-RW950は、AD-850へ販売変更になりました。

2


または

3

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおススメです

⇒ SONY  HAP-S1

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください