『MACKIE CR3』レビュー評価:手頃な価格と大きさのアクティブスピーカーの音質とは!

 

手頃な価格と大きさで、パソコンのモニターにも
ピッタリの「MACKIE(マッキー) CR3」を、
レビューで音質評価してみたいと思います。

 

果たして、オーディオスピーカーと呼べる音質で
鳴ることができるのでしょうか?




 

MACKIE CR3とはどんなスピーカーなのか?

 

大きさが横140㎜・縦210㎜のアクティブスピーカーで、
ウーファーも約80㎜弱と小さく、写真を見る通り、
モニター画面の両脇に置くとちょうど良いバランス。

しかもアンプを内蔵していることで、パソコンと
つなぐだけで迫力あるサウンドが楽しめるんです。

 

パソコンとつないでも、さらにスマホやi-Podなどの
オーディオプレーヤーとも接続できるので、大変便利。

スタジオモニターらしいデザインで、
ワクワク感を感じさせるものです。

 

 MACKIE CR3のユーザーレビュー

 

では、実際には、どんな音質なのでしょうか?

すでに使用しているユーザーの皆さんの
レビューを基に、CR3を検証してみましょう。

 

★「今までPC用スピーカーは、オラソニックのS7を使用していた。YouTubeの視聴には不満はなかったが、最近はメタル系の音楽を聴く機会が増え、もう少し良いものが欲しくなってCR3を購入。音を出してみると、圧倒的な音の違いを実感。低音が大幅に強化され、メタルが迫力あるサウンドに変身した。音に立体感が出て、聴いていても疲れなくなった。大きな部屋で聴くのには少し物足りないが、PC用としては十分すぎる良品。」

★「少し低音が強くて、しかも輪郭がしっかり。デジタル音源でも、アナログ音源を聴いているようなくつろぎを感じる。」

★「音の好みは人それぞれだし、リスニング環境も違うので断定はできないが、私に取っては聴きづらい音だった。低音がボコボコうるさ過ぎている。」

★「低音と音圧は、文句のないレベルだと思う。中域もしっかり出ているので、ギターの音やボーカルの音もコシを含んで気持ち良く鳴ってくれる。モニター用と言う意味では、特にバスドラの音作りがとても良いと思った。正面にAUXやイヤホン端子があるのもとても便利だ。」

 

MACKIE CR3の評価

 

さて、いかがなものでしょうか。

 

MACKIEと言うブランドは、オーディオファンには
余り馴染みのないブランドだと思います。

でも、編集スタジオ用モニターとしてはすでに評判で、
一定のファンがいると知り、今回取り上げてみました。

 

スピーカーユニット周りにグリーンの縁取りがなされ、
いかにもスタジオ向きなデザインですが、
リスニングルームに置くには高級感がありませんね。

ボディはプラスチック製かと疑われそうですが、
実はしっかりと木製で、見た目よりドッシリと重いです。

 

そのためなのか、出て来る音も低音が
ドッシリした安定したサウンド。

 

低音から高音まで押し出し感が強く、多くの人に
好感の持たれる音と言って良いかも知れません。

バスドラは、わずか8㎝弱のウーファーから
出ている音とは思えない迫力があります。

 

とは言え、モニタースピーカーと呼ばれるだけに、
BOSE製品のようなドンシャリサウンドではなく、
比較的おとなしめの傾向ですね。

本体内部にはアンプと電源部を内蔵していることで、
パソコンの近くに置いても配線がごちゃ付きません。

 

総合出力を確認すると、50Wと
メーカーサイトに書かれています。

が、これはちょっといくら
何でも誇張し過ぎでしょう。

 

しかし、サイズからすれば良く鳴るのは確かで、
パワー不足を感じることはないハズ。

 

メインスイッチは裏面にあって、
少し使い勝手が悪いかと思ったら、

前面ボリュームも電源スイッチを兼ねており、
不便はありません。

 

ボリュームを右へ回せば電源が入り、
グリーンのランプが点灯します。

このため、電源の切り忘れもなく助かりますね。

 

さすがに、本格的オーディオコンポとして評価すれば
アラが見えるものの、デスクトップオーディオとしてなら
充分な音質で満足感は高いでしょう。

価格は非常に安く、しかも2本1組なので、
コストパフォーマンスも十分高いと言えます。

 

パソコンを中心にオーディオ環境を揃えようと考える方には、
ぜひ検討に入れるべきアクティブスピーカーシステムです。

 

2


または

3

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください