『KENWOOD Kseries XK-330』スピーカー:口コミで見る低音の評判!

場所を取らず設置に困らないと好評のミニコンポ、
「KENWOOD Kseries XK-330」
の評判を、口コミで探りたいと思います。

 

小さなボディにCDデッキ・AM/FMチューナー内蔵の
本体レシーバーは、前面にUSBメモリーを挿し込み
ハイレゾ音源を再生することができる優れものです。

 

組み合わせるスピーカーは、
エンクロージャー(キャビネット)のサイズが
縦181㎜、横102㎜と言う超小型の2ウェイタイプ。

これでもツイーターは40kHzまでの再生が可能で、
ちゃんとハイレゾ対応となっているのですが、
一方、ウーファーは直径わずか80㎜しかありません。

 

この小さなブックシェルフ型で、低音から高音まで
バランス良いサウンドを奏でると言いますが、
果たして実際はどうなのでしょうか。




 

すでに楽しんでいるユーザーの皆さんの
口コミで、その音質を検証してみましょう。

 

★「コンパクトで良い。多くを望めないが、ハイレゾ対応だし、Bluetoothでウォークマンも再生できる。マンション住まいなのでパワー全開で聴くことはないが、音質は低音も十分だ。」

★「このコンポを選んだ理由は、この小ささ。デザインも良いのだが、ただ、リモコンの操作性が悪い。テンキーがないのも不満。音質に関しては高音はまあまあだが、低音はかなり出る。パワーは、4畳半のベッドルームには十分。」

★「超コンパクトな本体で大いに満足。音質はセットのスピーカーによるところが大で、それが本機の魅力の1つ。低音は良く締まっているし、高音は素直に聴こえる。」

★「3万円前後のミニコンポであるが、スピーカーは小型ながら重量はあり質感も良い。フロントのネットも取り外せるので、”高級コンポの顔” にもなり気に入っている。CD等音楽再生は、低音から高音まで伸びのある音を出してくれる。ただAM放送の受信感度が悪く、期待外れだった。」

 

さあ、どうでしょうか。

 

低価格のかなり省スペースな筐体ながら、
色んな機能は多いミニコンポです。

 

小さくて本体では細かい操作ができず、リモコンに頼りますが、
低音/高音別々にトーンコントロールがあり、
低音不足を補う “重低音再生ボタン” も付いています。

 

いわゆるラウドネス機能と同等のものですが、
特に小音量で再生する時に役立つ機能と言えますね。

 

何せスピーカーはバスレフ型であっても、
ウーファーは直径80㎜しかないのです。

低音再生には限界があるだけに、
重低音再生機能は役に立つのでは・・・。

 

実際に音を再生してみると、デフォルト状態では
中高音に寄ったバランスで聴こえるので、
トーンコントロールで調整する必要があります。

そこそこ大きな音量で聴くなら、納得の行く高低バランスですが、
小さな音量なら重低音再生ボタンをオンにした方が良いでしょう。

 

オンにしても、低音がズンドコ
鳴ることはないので、不快な感じはしません。

 

対して、高音はハイレゾ再生が可能ながらも、
シャリシャリするような派手さはないので、普通に聴くなら
低音から高音までバランスの良い音だと感じると思います。

 

アンプの出力は10W+10Wと大したことはなく、
じっくり聴き込むには少々不満ですが、

BGM中心に音楽を流す程度の用途なら
十分な音質だと言えるのではないでしょうか。

 

2ゴールド
2ブラック
または
3ゴールド
3ブラック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください