『SONY HAP-S1』評価:500GBのHDDを搭載したハイレゾ対応プレーヤーの音質や価格とは?


500GBのHDDを搭載し、ハイレゾ音源も使える
「SONY(ソニー) HDD
オーディオプレーヤーシステム HAP-S1」

を、レビューで評価したいと思います。

 

パソコンに溜めた音楽データをUSBメモリーにコピーして再生したり、
Wi-Fi経由でデータをHDDにコピーして再生したりと、大量の音楽データを
保存・再生できるオーディオプレーヤーとして人気ですね。




 

では、その中身は
どんな魅力を秘めているのでしょうか。

購入した皆さんの口コミを基に、検証してみましょう。

 

★「音が素晴らしい!の一言だ。いつまでも聴いていたい快適な音楽空間を作ってくれる。部屋のスペースが狭いため、DARIのスピーカー、メントールメヌエット+ONKYOのレシーバー、CR-N755という最小最強と思われる組み合わせで聴いていたが、ハイレゾに興味を持って本機に乗り換えた。人気のN755もはるかに及ばない程クリアで、奥行きのある音質であることが、駄耳の私にも分かる。」

★「当初は、音の良さはあまり期待できないと思った。しかし未知の世界だったハイレゾ音源を簡単に試してみたいという誘惑にかられ、購入した。結果的に音の良さに大満足。ハイレゾ音源のFLACやDSFはもちろんのこと、今までX-appliなどで溜めていた通常のCD音源も、聴き違えるほど良くなってびっくりした。」

★「使い方が難しい。慣れた方なら何でもないだろうが、録音しようとしてハタと困った。いい加減にやったら、曲の並びや曲数がめちゃくちゃになってしまった。3曲づつ入っているし、お気に入りが作れないから手で動かして選曲する。ソニーに電話したが、初歩は分かったが、理想とはまだ程遠い。音は良い。テレビとOpticalinという入力でつないだらクリアーな音が出た。」

★「リモコンの機能は、電源・再生・ストップ・スキップとこれだけ。あとはスマホにインストールして、スマホをリモコン代わりにしてねっていうスタンスだ。スマホを持っていないので困った。本体側でできることが少なすぎる。アルバム内編集やタイトル編集・曲順編集等、何もできない。1曲を削除すらできない。リモコンでサクサクできるようにして欲しかった。気軽にCDを聴きたいと思っても、一旦パソコンにCDを落とす作業をして転送して、ようやく聴ける。」

★「何といっても音が良い。今までの3~4万のコンポとは雲泥の差で、感動を覚えるレベルだ。家に帰って音楽を聴くのがとても楽しみになった。あと10年間HDDに溜めに溜めた音楽データを何も考えずにほとんど入れたが、まだケロッとしているくらい容量が大きい。LANケーブル経由で気軽に送れるので楽チンだ。」

 

さて、いかがでしょうか。

 

このプレーヤーの良いところは、
まず何といても音質が良いことですね。

 

大量のデータを溜めておけるだけでなく、40W+40Wの高音質
アンプを内蔵しているので、小型スピーカーでもつなげば、
小気味良いサウンドが楽しめます。

 

反面、リモコンがプアで、音楽の再生程度なら不便なく
使えるものの、データを編集する機能がないのが残念です。

本体側でもできる機能が限られていて、結局スマートフォンか
タブレットに頼らざるを得ないのは、スマホを持っていない
方に取っては困りものですね。

しかし、スマホを使っても、データ転送しながらの編集は、
結構厄介な作業であることに変わりはありません。

 

その代わり、全てプレーヤーのHDDにデータが収めてしまえば、
あとは再生するだけなので、簡単な操作で長時間の
リスニングが可能になります。

いちいちCDをセットする作業から開放されるのは、
このプレーヤーの一番の醍醐味となるでしょう。

 

価格もデビューした当初に比べ、だいぶこなれて来た感じ
がするので、今が買い時と言えるかも知れませんね。

 

2
または
3

 

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください