『DENON DP-500M』レビュー評価:音質の違いを楽しむなら、カートリッジが交換可能な本格的レコードプレーヤーで!

 

音質の違いを楽しめる、カートリッジ交換可能な
本格的レコードプレーヤー

「DENON DP-500M」
を、レビュー評価してみましょう。

 

伝統のダイレクトドライブ方式を踏襲し、俊敏な動作と
回転安定性を実現したハイトルクモーターを搭載した
ベーシックなオーディオプレーヤーですね。

デザインも古くからあるアナログプレーヤーそのもので、
レコードファンにはなじみ深い高級感あふれるものです。




 

では、
すでに使っているユーザーの皆さんのレビューを基に、
DP-500Mの魅力を探ってみたいと思います。

 

★「CDと違いアナログレコードは、音が出るまでに色々手順があって、これもまた良いものだ。特にこのプレーヤーは、全てマニュアルで操作するので一層趣がある。作りがガッチリしており、安心感がある。」

★「現在販売しているプレーヤーの中では、大きい部類に入ると思う。クラシカルな雰囲気が好きな方には好まれるデザインだろう。このプレーヤーには、USB出力は付いていない。個人的には、アナログレコードでは余分なことはせず、このまま聴いてほしいと思う。」

★「ボディの質感は、往年のオーディオブームの頃に出ていた機種と比べると、少し安っぽい感じがする。この点は残念だ。」

★「このクラスのプレーヤーにしては、良い音が出る。やっぱりアナログは、暖かみのある音がする。デジタル音源も良いが、アナログも捨てたものじゃない。」

 

さて、いかがでしょうか。

 

デジタルサウンド時代に入る前からある、
アナログそのもののプレーヤーです。

ダイレクトドライブプレーヤーとしては低価格の製品ですが、
最近のプラスチックボディのものとは違い本体は木製なので、
それなりに高級感は感じます。

 

基本、付属するカートリッジは暖かなどっしりした音ですが、
カートリッジを自分の好みに交換して、音楽ジャンルにより
違う音を楽しめるのもレコードプレーヤーの良いところ。

このプレーヤーは、針の上げ下げはマニュアル操作だし、
音をデジタル変換して出力する機能もありません。

 

純粋に、昔ながらのアナログの世界に浸りたい方が、
最初に選ぶレコードプレーヤーとして、
まず注目すべき製品と言えるでしょう。

 

2


または

3


 

 

 

※この記事を読んだ方には、この商品もおススメです

⇒ SONY PS-HX500

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください