『SONY CMT-SX7』評判:アップデート後の音質が非常に良くなった、Bluetooth対応マルチオーディオコンポ

Wi-FiやBluetoothなどのワイヤレス対応で、CDまでも
ハイレゾ相当の高音質で再生するマルチオーディオコンポ、
「SONY CMT-SX7」
の音質をレビューで評判を探りたいと思います。

 

あらゆるソースを忠実に再現するために、
スピーカーにもこだわり、

小型ながらも低音から高音まで
豊かに楽しめる音になっていますね。




 

では、実際の音質や使い勝手は
どんな感じなのでしょう?

すでに愛用しているユーザーさんのレビューを基に、
CMT-SX7の魅力に迫ってみたいと思います。

 

★「イコライザー機能がないので、自分好みに音のカスタマイズができないが、ハイレゾ相当のアップコンバート機能と、ClearAudio+と言うソニーのおススメ設定で十分良い音だ。不満はない。ただ、低音をズンドコさせたい人には、若干物足りないかも知れない。」

★「このコンポは、高音と低音がはっきり分かれているように聞こえ、ロック調の時にギターとベースが、より分かれて聞こえる自分には心地良く感じた。使い勝手としては、まずBluetoothは便利。ノートPCやiPhoneでのストリーミング再生で鳴らしている。リモコンは、操作しづらく分かりにくいので、マニュアルを読む必要がある。」

★「コンパクトで、シルバーとブラックで良くまとまったデザインだ。ただシルバーの部分が安っぽい塗装のようで残念だ。リモコンも安っぽいプラスチッキーなもの。リモコンと本体の操作は、何でこんな設計にしたんだろうと思うくらいダメだ。お年寄りには、この機種の操作は難しい。スマホやタブレットを使うと、操作性は快適になる。」

★「ハイレゾ対応を謳うだけあり、高域も低域もそこそこ伸びて満足度は高い。本来のソニートーンより、低音を強調した感じである。唯一、サブウーファー端子がないのが不満だが、スピーカーが結構低音に強いので、サブウーファーなしでも良いかも知れない。」

 

さて、いかがでしょうか。

 

この製品が発売された当初は、
ノイズが入ったりスピーカーが高温になり

破損するなど不具合が出て、
メーカーは使用中止を呼び掛けていました。

 

しかし、現在はアップデートを施して全て対策され、
使用に問題はなくなったとのことです。

 

ソニーらしくミニコンポでありながら、
ハイレゾ再生にこだわった設計で、
普通のCDも疑似ハイレゾサウンドで楽しめますね。

 

高域と低域が強調された音色なので
少しドンシャリ感があるものの、

ガンガンと鳴るタイプではないので、
聴きづらく感じられることはありません。

 

サブウーファー端子がなくて残念と言うレビューもありますが、
低音再生を重視したバスレフ型スピーカーを採用しているので、
低音不足になってしまうことはまずないハズです。

全体には機能的なレイアウトデザインなのに、
リモコンの使い勝手の評判があまり良くないので、
スマホを使った方がスマートに操作できるでしょう。

 

iPodよりもウォークマンの方が好き、
と感じるようなソニーファンの方なら、
満足の高いコンポと言って良いのではと思います。

 

2


または

3

 

 

※この記事を読んだ方には、こんな商品もおススメです

⇒ JVC EX-HR9

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください