『Pioneer PD-70』評価:高音質SACDやDSDも再生可能なハイレゾ対応プレーヤー

PD70a

CDやSACD、話題のDSDも再生可能な
「Pioneer SACDプレーヤー PD-70」
の音質を、レビュー評価してみようと思います。

 

192kHz/24bitまでのPCMデジタル音声に対応しているため、
まさにハイレゾサウンドを堪能できるオーディオプレーヤー
となっており、音質の良さで売れ筋の商品となっていますね。




 

ではPD-70の魅力はどこにあるのか、
購入したユーザーのレビューを基に検証してみましょう。

 

★「コストを下げて、どれだけ良いものを作れるかを試したようなデッキ。素直に良い音を出している。電源コードをケチらなかったところがまた良い。」

★「購入するにあたってDENONのプレーヤーと迷ったのだが、ツインのDACコンバーター・ツインの電源搭載などの説明を見て、これに決めた。価格も手ごろで満足している。ただピンケーブルは附属のものは貧弱なので、オーディオテクニカあたりのケーブルを別に購入することをお勧めする。」

★「この価格でこの音なら文句はないだろう。まだ届いてすぐなので音もこなれていないと思うが、音の繊細さ・ピアノの粒立ち・透明感等々、この価格では満足のいくものだ。エージングでどうなっていくかが楽しみだ。」

★「特に音質が良いとも悪いとも、使い勝手が良いとも悪いとも思えない。DENONのアンプではなくPIONEERのアンプなら、もっと良さが発揮されるのだろうか?」

★「3週間程度使用している。SACDの保有ディスクが少ないため、まともな評価ができないが、CDは、中高音寄りのしっかりした音質のように思われる。」

 

さて、いかが思われますか。

 

最近売れ筋のSACDプレーヤーを見ると、
パイオニアの製品が完成度が高く人気ですね。

中でも特にミドルクラスになる、このPD-70のコスト
パフォーマンスを評価する声が高いです。

 

レビューにもあるように、どちらかといえば中高音の良さ
が際立つ味付けで、ドンシャリサウンドが嫌いな
ユーザーに受けが良いようです

ソースもSACDの他、ネットからDAD音源を
ダウンロードしてCD-Rに焼いて再生できますから、
ソース軽にハイレゾを楽しめるのが魅力になっています。

 

ハイレゾ音源の価格がまだまだ高めなので、そこが
ネックとなっていますが、このような高性能プレーヤーが

身近な価格で販売されるのは、今後のハイレゾオーディオの
発展に寄与するので、ファンにとっては嬉しいことですね。

 

※PD-70は、PD-10AEへ販売が変更になりました

2
または
3

PD70b

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください