『TEAC PD-301』レビュー:音質重視ならデジタル接続がおすすめのFMチューナー内臓CDプレーヤー

 

超小型でFMチューナーとCDプレーヤーが一体となった
「TEAC  PD-301」を、
レビュー評価してみましょう。

 

CD部はトレーを設けずスロットイン方式を
採用することで、限りなく小さなボディを実現。

同社のプリメインアンプAI-301DA-SPと重ねると、
ピッタリ同じサイズに収まるよう設計されています。

 

CDプレーヤーのカタチにしながらも、
AM放送が聴けるワイドFMチューナーを内蔵。

また、前面パネルにUSB端子を設けて、
USBメモリーに入れた
MP3などの音楽データも再生できるんです。




 

信号出力は従来のアナログ接続のほか、
光デジタルと同軸デジタルでの接続ができますが、

これがCDだけでなく、チューナーの信号までも
デジタル出力できるのが嬉しい仕様ですね。

 

今やダウンロードした音源を鳴らすのが主流ですが、
過去集めたCDがあればこれらもデジタで聴きたい
ものでしょう。

 

同時に、現在でも根強い人気のAM放送が、
高音質のFM波で楽しめるのも魅力です。

あらゆるソースの選択肢があるのは、
やはり良いことですよね。

 

では、実際に使っているユーザーの方々は、
どんな風に感じているのでしょう。

皆さんのレビューをいくつか
ピックアップして、PD-301を検証します。

 

★「全体の音質の印象は、ウォームな音調をベースに全体域において耳障りが良く、長時間リラックスして楽しめるものだ。コンパクトなシステムとは思えない充実した低域は特筆に値し、同時にキレが良くあとを濁さず軽やかに消えて行く。単に量で勝負する重低音ではなく、質感を備えつつ、しっかり空気を振動させる足腰の強さと粘りを感じる。」

★「デザインからクールな音質を想像していたが、粘りも感じるウォーム系だ。長時間でも聴き疲れせず、上等な音楽を1日中聴き流すような用途にも適しているだろう。本体中央に大型ディスプレイを備え、アルファベットや数字を18 x 2行で表示できる。FMチューナーも表示できる情報が豊富で、操作性を高めてくれる。」

★「アナログ接続で使用しているが、音質は良くない。再生音域が狭く、スケール感がない。他のレビューでは高評価もあるので、デジタル接続すれば音質が改善されるのかも知れない。しかし、アナログ接続では “冴えない音” の一言に尽きる。」

★「上を目指せばキリがないが、この価格帯で安心できる機体が少ないのも事実。このメーカーのものは、その辺を経験として信頼を置いている。音質は可もなく不可もないかも知れないが、下手な脚色がないので他のシステムの特徴を邪魔しないものだ。いずれにせよ、素直で実直な製品だと思う。」

 

いかがですか。

 

低価格の製品ながら、充実した内容を持つ
FMチューナー内蔵CDプレーヤーだと思います。

 

CDをたくさん持っているけど音楽データも
たくさんあるよと言う人でも、

USBメモリーを介して聴けるので、
何かと重宝するプレーヤーとなるでしょう。

 

音質は、アナログ接続にしてしまうと
平凡で特徴のない音です。

せっかく光と同軸の2種類のデジタル出力ができるので、
ぜひどちらかを利用しデジタルアンプに接続して、
よりナチュラルな音を楽しんでみるべきですね。

 

FMチューナーの音源がデジタル出力できるのも、
他のチューナーでは真似のできない芸当なので、
特に試していただきたいものです。

加えて、ハイレゾ対応のスピーカーを選んでみれば、
あとは音源を用意するだけで、ウォームでありながら
デジタルらしいクッキリした音を堪能できます。

 

それなりの費用を掛けてオーディオの世界に入るのなら、
その製品の機能・性能を生かした使い方をした方が、
より楽しみが増えることでしょう。

PCオーディオの初心者から上級者のサブシステムとして、
幅広い層におすすめできる製品なのではと思います。

 

2
または
3シルバー
3ブラック

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください