『サンスイ SMC-300BT』レビュー:真空管の柔らかさとデジタルのダイナミックさをミックスした音質を評価!

普及クラスのミニコンポでは珍しい真空管アンプと、
最新のデジタルアンプを組み合わせた
ハイブリッドアンプCDコンポを、あなたはご存知ですか。

 

アンプは音声信号を入力して切り替えをしたり、
ボリュームなどのコントロールをする「プリアンプ」と、

スピーカーを鳴らすだけのパワーを増幅する
「パワーアンプ(メインアンプとも言う)」に分かれます。

 

そのプリアンプに昔懐かしい真空管を使用し、
パワーアンプを最新のデジタル構成化した、
プリメインアンプを内臓したミニコンポです。

このようなアンプから出て来るサウンドと言うのは、
柔らかくて奥行きがありながらも、迫力の
ダイナミックさを合わせ持った音質になるんですね。

 

それが「サンスイ SMC-300BT」です。

 

今回は、この珍しい真空管ハイブリッドアンプ搭載
CDミニコンポをレビュー評価します。




 

サンスイ SMC-300BTが復活した

 

このコンポは、
そんな真空管を使ったアンプを内蔵していることの他に、
スピーカーにもこだわったところがあります。

 

それは、2ウェイバスレフ方式システムの
11cmウーファーに、手抄きの和紙を使用していること。

 

と言っても、和紙だけで構成されているだけなのではなく、
表面に和紙、裏側にパルプ材を貼り合わせているんですね。

こうすることにより繊維が絡み合い、
メリハリのある中音と豊かな低音再生が可能になりました。

 

機能も最新のコンポらしく、CDだけでなく
Bluetoothでスマホの音源を再生したり、
USB端子を搭載してMP3プレーヤーとつなぐことも可能。

FMチューナーだってワイドバンド仕様なので、
主要なAM放送がステレオの高音質で聴けちゃうんです。

 

そして全体のデザインは、
見事 “レトロなステレオ” と言ったもので、

高齢者の方には懐かしく
若い方には新鮮味を感じることでしょう。

 

ではここで、あるユーザーが作った動画で、
デザインと実際の音質を確かめてみて下さい。


協力 seas- lydさん

 

いかがですか。

部屋のインテリアとしても、十分
マッチすると思いませんか?

 

ところで、この魅力的なコンポ、
実は1度、生産が終了してしまっていたんです。

でも、根強いファンの声が上がって、
再び生産されることになりました。

 

メーカーとしては1ロット生産して、
それで終わりだったらしいのですが、

それを買えなかったユーザーの声に応えて
再登坂となったのです。

 

サンスイ SMC-300BTのユーザーレビュー

 

次に実際の音質と使い勝手を、すでに
愛用しているユーザーさんのレビューで検証し、
辛口評価してみたいと思います。

 

★「噂どおり、たいへん良い音なので驚いた。パワーに十分余裕が感じられ、特にプリの真空管の音質が光っている。一番の得意分野は女性ボーカルだろう。CDを30枚くらい取っ替え引っ替えしたが、クラシックやピアノ曲もついつい聴き入ってしまう。ロック分野に入ったところで、ここはトーンコントロールの出番である。バス/トレブル共に5段階で調整可能であり、またpops/jazz/classic/rockのモード切替えも可能。付属スピーカーは少しチープな感じで不安だったが、聴き入るうちに十分に使えるスピーカーだと確信した。」

★「見た目も音質もお値段以上かと。大満足だ。CDは若干カタカタ音が気になるが、自分はほとんどBluetoothかアナログレコードで使用しているので、この価格ならこんなもんかと割り切っている。」

★「本体上面のプラスチックやリモコンなど、安っぽさはある。液晶と真空管の色が暖色系で、本体正面からの見た目は上手くまとまっている。本体の操作は簡単で分かりやすいが、リモコンはボタンが小さめで配置も分かりにくい。BluetoothはNFC対応で簡単だが、Android6.0ではスマホの音量調整が効かず、Android8.0で問題なく調整可能だ。本体側の音量は変化量が大きくて、細かくできないのが残念。スピーカーケーブルを交換してスピーカーインシュレーターを追加すると、高音は自然な感じで低音も出るようになるし、中域の表現力が増す。全体的にアナログ的な暖かい音で、寝る前に聴くにはちょうど良い感じだ。」

★「結論からすると、真空管らしいアナログの良い音だ。SACDでも流行の24bitでもない、普通のCDをラジカセ並の性能であろうプレーヤーにセットするのだが、出て来る音は真空管の柔らかい癒やされる音だ。」

 

サンスイ SMC-300BTの評価

 

何と言いますか、私の意見からすれば、
とても勿体ない製品と言う印象です。

特徴的なアンプとスピーカーのおかげで、
普通に聴く限り、とても心地良いサウンドを奏でます。

 

レビューのように、グレードの高いスピーカーケーブルと交換し、
インシュレーターを下に敷くなどきちんとセッティングしてやれば、
立派なオーディオコンポと呼べるだけの音質で再生できるんですね。

高音はクリアで中音のボーカルは張り出してくるし、
低音にはダイナミックさを感じさせます。

 

デザインも秀逸だと思います。

 

にもかかわらず、販売価格にこだわったせいか、
全体的な作りが安っぽいのが残念でなりません。

見た目プラスチック感がアリアリだし、
CDトレーの開閉がぐらぐらして、スムーズさに欠けます。

 

もっと仕上げの高さにこだわって、高級感を演出すれば、
価格が2倍しても売れる商品になるのではないでしょうか。

出力は30W+30Wもあり、小型スピーカーながら
迫力はなかなかのものです。

 

内容を見るとマニアの目に留まるほどのものながら、
初心者クラスの価格設定にしたため、
チャチな仕上げになったことが惜しまれます。

 

性能は同じで良いので、高級オーディオのような仕上げと、
使用感を持つモデルを今後作ってくれたら嬉しいですね。

 

2


または

3

 

 

 

コメントを残す




このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください