『Panasonic SC-PMX100-S』レビュー:スピーカーまでハイレゾに対応したミニコンポ!

PMX100a

スピーカーまでハイレゾに対応したと言うミニコンポ
「Panasonic SC-PMX100-S」
の音質を、レビューで評価してみることにしましょう。

 

Air PlayやBluetooth対応なので、ワイヤレスでiPodやiPhone
にある音楽を楽しんだり、USBメモリーでもハイレゾ音楽再生
ができるオールインワンコンポとして、人気も上昇中ですね。




 

ではまず、このコンポの概要を、
家電のジョーシンさんが公開している動画で確かめてみて下さい。

 

そして、すでに購入したユーザーの皆さんのレビューを基に、
音質や使い心地を検証してみましょう。

 

★「主にFMやクラシックCD音楽を聴いており、以前使用していたデノンに劣らない柔らかな音質にとても満足している。この20年に購入したCDコンポは、ソニー・デノン・ボーズを経て4台目だが、その中でも音質は最高だと実感している。」

★「ショップで聴いた音は、今まで聴いて来たミニコンポの中で、1・2位を争うほど低音が響いて広がっていた。使ってみて簡単な音の調整しかできないが、それでも満足。特に高音の響きが良い。頭の先まで響いて来る。これはスーパーソニックツイーターによるものだろう。アンプも120Wで充分過ぎるほど。最初少しバカにしていたが、とんでもなかった。これは紛れもない、ハイレゾオーディオだ。ただチューナーが少し入りづらく、音がクリア過ぎて、余計なノイズまで再生されてしまうのが気になった。」

★「実際に使ってみて、コンパクト・小さい。オーディオボードの中に収納でき、デザインも悪くない。さすがハイレゾを再生する機器だけあって、この価格では充分なものだと思う。不満点は、テレビと接続することを重視されていないのか、ピン接続しかできないこと。ビエラリンクができれば、もっと良いのにと思う。」

★「ジャズやクラシックを聴くのに最適だ。高音が特に艶やかで、想像以上だ。ビル・エヴァンスの曲にピッタリで、買って良かった。低音は良くいえば優しい。悪くいえばボワボワしていると感じる。スピーカーにインシュレーターを取り付けたら、多少低音に締りが出てきた気がする。短所は強いていえば、USBだとアルバム名が表示されない、曲名の漢字入力が反映されないことだろうか。ジャズを聴くことをメインに購入したので、大満足だ。」

 

コンパクトサイズのコンポでありながら、
ダウンロードしたハイレゾ音源さえあれば、これ1台で
スピーカーからハイレゾサウンドを聴くことができます。

その点で、貴重な製品といえますね。

 

冒頭に書いた通り、USB-DACを内蔵しているので、
まずは、あらかじめパソコンに入れておいた
ハイレゾ音源を手軽に楽しめる訳です。

スピーカーも可聴域を超える100kHz以上の高音を再生する
スーパーソニックツイーターのおかげで、楽器の倍音成分が
カットされず、繊細でキメの細かい音を奏でます。

 

低音も竹プラントオパールウーファーを採用し、
豊かで自然な響きを再生しますから、
コストパフォーマンスはかなり高いといえるでしょう。

 

全体的に高級感のある仕上げとまでは言えませんが、
価格からすれば、内容に不満は少ないコンポです。

オーディオ初心者の方にも、おすすめの製品ですね。

 

※SC-PMX100-Sはこのたび、
SC-PMX150-Sに進化しました。

PMX100b

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください