レコードカートリッジ交換でアナログレコードの醍醐味を膨らまそう!

 

ダウンロードデータを集め、音楽を楽しむのが当たり前になっている昨今に、じわじわと人気を吹き返しているのがアナログレコード。

好きな音楽を聴くのに、わざわざ手間を掛けることが面白いようです。

 

でも手間を掛けて音楽を聴くことだけが、アナログレコードの魅力と言う訳ではありませんよ。

オーディオ初心者でも、気軽にもっとレコードに親しめる方法があるんです。

それはレコードカートリッジを交換して、同じ音楽でも違った音質で聴けること。

 

これデジタルソースではできない、アナログレコードだからこそできる楽しみなんです。

今回はレコードカートリッジを交換することで、どのように音質差が出るのか、またカートリッジの種類やおすすめモデルを、初心者の方にご紹介しましょう。




「レコードカートリッジ交換でアナログレコードの醍醐味を膨らまそう!」の続きを読む…

ホームシアター用スピーカーとオーディオ用スピーカーの違いって何?

 

オーディオコンポに興味のある初心者は、数あるコンポの中でも、特にスピーカーに関心を寄せる方が多いようです。

そのスピーカーの中で、ホームシアター用スピーカーと呼ばれるものと、オーディオ用スピーカーと呼ばれるものとの違いが知りたいと言う声を時々耳にします。

 

どちらも最終的に人間の耳に聞こえるよう、音を再生する機器であることに違いはないのですが、具体的に何がどう違うのか疑問を抱くのかも知れませんね。

ストレートに結論を言うと、実は両機は基本的には何も違いはありません

 

ただ用途が違うのが本当のところ、と言えば良いでしょうか。

今回は、ホームシアタースピーカーとオーディオスピーカーの用途の違いに付いて、少し詳しく触れてみようと思います。




「ホームシアター用スピーカーとオーディオ用スピーカーの違いって何?」の続きを読む…

『サブウーファー』などいらない人が、なぜそれを必要だと言うのだろうか?

出典:PRTIMES

 

私は時々、オーディオ仲間の人のお宅へ伺うことがあります。

ある日、そのうちの一人の方のところへ行くと、立派なブックシェルフスピーカーを所有しているのに、これからサブウーファーを購入するんだと、あれこれ物色していました。

 

そこで彼に、スピーカーの低音不足に悩んでいるのかと問うと、そうではないとの答えが返ってきました。

現状を私が聴いてみると、確かに低音が足りないようには感じられず、このままでも充分不満のない音質のコンポであるように思いました。

 

また彼とは別に、オーディオ関連のネットサイトで、アンプとスピーカー、さらにサブウーファーは何を選んだら良いのかと、質問を投げかけている人を見つけました。

この方は、初めてオーディオコンポを購入するにもかかわらず、サブウーファーも同時に求めているようです。

 

この二人に共通することで私が疑問に思うのは、なぜ現状でサブウーファーが必要だと思っているのかと言うこと。

鳴らし方を工夫をしても低音の不満が解消されないのなら、その時点でサブウーファーの追加を考えるべきではないかと・・・。

そんな訳で、サブウーファーなどいらないような人が、なぜそれを手に入れようとするのか、本当にそんな必要があるのか、今回迫ってみたいと思います。




「『サブウーファー』などいらない人が、なぜそれを必要だと言うのだろうか?」の続きを読む…